VenusTap

お酒1杯と2杯モテるのはどっち?女子が魅力的に見える酒量が判明

突然だが、あなたはお酒が好きだろうか? 「大好きでつい飲みすぎちゃう」という女子や「全然飲めないし好きじゃない」など人それぞれだろうが、“モテ”の観点から見ると、どうやら飲みすぎも飲めなすぎもNGらしい。

ならば、どんなお酒の飲み方が女子を魅力的にしてくれるのだろうか。海外の科学系情報サイト『Live Science』の記事を参考に、“飲み会でのモテ道”を検証してみよう。

 

■お酒1杯まではいいけど、それ以上はダメ!?

デートや合コンで、「飲みすぎて失敗した……」という経験を持つ女子は多く存在するはず。しかしその反対に、お酒をまったく飲めないため、お酒好きな男性との会話が弾まないこともある。

英国のブリストル大学で行われた研究によると、なんと飲むお酒の量で、異性がどれだけ魅力的に見えるかが決まるという。40人の男女を対象として行われた研究では、“何も飲んでいない”、“お酒を1杯飲んだあと”、そして“お酒を2杯飲んだあと”の写真を撮り、どの異性が魅力的に見えるかを尋ねた。

すると、最も魅力的に見える写真は、“お酒を1杯飲んだあと”だと判明したそうだ。しかし「私、お酒が大好きだからラッキー!」なんて喜ぶのはちょっと待った。研究では、お酒を2杯飲んだ写真が“最も魅力的でない”と判断されたという。

 

■モテるためのお酒の飲み方は

アルコールは少量なら、心がオープンになって一緒にいる相手と打ち解けられることが多い。笑顔も多くなり社交性も増す。しかし、これが2杯になるとだんだん酔っ払いの要素が顔を出し、社交性が多少暴走を始めることも……。

そんな様子が写真を使った実験で判断できるかどうかは謎だが、もしかしたら異性は、2杯以上飲んだ相手の“目の焦点が定まらない”などの、表情の崩れを敏感に察知するのかもしれない。

ちなみに、“1杯飲んだあと”の次に異性が魅力的だと判断されるのは、“何も飲んでいない”写真だったという。

写真で察知できるほどの変化なら、実際に面と向かったときにはもっとバレバレになるに違いない。デートや合コンでお酒を飲むときは1杯にとどめておき、あとは食事や会話を十分に楽しむことが“モテの王道”と言えそうだ。

 

以上、モテるお酒の飲み方についての研究結果をお伝えしたが、いかがだろうか? 過去にアルコールが原因で「痛恨のミスをおかした……」という経験を持つ女子は特に注意。次回は1杯だけにしておき、自分の制御機能を失わないようにしよう。

 

【関連記事】

人間心理を利用!どんな悩みも「他人のフリ」でスパッと解決する理由

これぞ幸せの鍵!アレを持ってる女子ほど幸福度が高いという調査結果

新年早々彼氏をゲット!「運命の人」と出会うための大事な行動6つ

「ダイエットしてない」って言う痩せ子が実は心がけている食習慣4つ

恥ずかしがらずにOK!女性でも堂々とアレを飲んでいい明確な理由

 

【参考】

You Look Hotter After 1 Drink, But Not 2 – Live Science