VenusTap

レス夫婦はイヤ~!「夜の夫婦生活」がみるみるお盛んになる特効薬

パートナーとの付き合いや結婚生活が長くなるにつれ、増えてくるのがセックスに関するお悩みですよね。

「気がついたら、セックスレス」「パートナーを異性として見れなくなった……」なんて、悲しい声もチラホラ。しかし、一方で結婚して随分経つのにもかかわらず、未だに夜の営みが絶えない! なんて、羨ましい夫婦が存在するのも事実。

そこで今回は、筆者の周りの熱~い夫婦に聞いた、“セックスレス知らずの夫婦になれる3つのルール”をご紹介します。

 

■1:セックスは最上級の愛情表現と捉える

「好き」「愛しているよ」と言葉にしたり、キスやハグをしたりすることも立派な愛情表現ですが、やはり肌を重ね合い、互いの呼吸や体温を感じあえるセックスは、女性にとってこの上ない喜びであり愛情表現でもありますよね。

しかし、男性のなかには“ただの性行為”“快楽”と捉え、セックスを愛情表現としては重視していないという人も。「淋しい……」「あなたが好きだからしたいの」と、口に出すことも大切です。

 

■2:夜は匠に大変身! テクニックを磨く

愛するパートナーとのセックスは心地よいものですが、やはり同じことの繰り返しでは、マンネリ化してしまうのが人の性。

筆者の友人は、旦那に内緒でAVを鑑賞したり、セックス指南書でテクニックを日々研究したりしているそう。友人曰く、「探究心こそが、夜の夫婦生活を円満にする秘訣」とのこと!

 

■3:慣れ合いにならない

「セックスのときは、決まってすっぴん」同じ屋根の下で暮らしていれば仕方のないことですが、毎回すっぴん&よれよれのパジャマ姿では、男性がゲンナリしてしまうのも当然。たまにはメイクをしたままベッドに入る、ランジェリーを新調する、カレ好みの服や下着を身につけてみることも、2人の関係を新鮮に保つための大切なコツです。

ちなみに筆者は、高校時代の友人から「制服持ってない?」と連絡が来たことがあります。残念ながら筆者は破棄してしまっていたのですが、別の友人から譲り受け、旦那さまと大盛り上がりしたとのこと……!

 

いかがでしたか? セックスで愛情を伝え合うことこそが、夫婦円満の最大の秘訣かもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 眠れない夜もスッキリ!「24時間いつでも相談」できちゃう占いが人気

彼ときちんとアレしてる?実はすごかった性生活の驚きの健康効果

あなたの旦那はどう?「夫がアレする家庭」ほど円満度が高い理由

「毎日●●する」のが大事!先輩カップルに学ぶラブラブでいるコツとは

お宅は何回?週に4日以上●●する夫婦の73.2%が結婚生活に満足