VenusTap

ヤバッ飲み過ぎ…でも大丈夫!医師が太鼓判「二日酔い阻止おつまみ」

忘年会や新年会など、いつもよりもお酒を飲む機会が増える年末年始。ついつい飲み過ぎてしまい、翌朝“二日酔い”で大後悔。「でも、その日だけ我慢すれば……」という考えを持っていたら危険です。二日酔いを何度も繰り返すと、やがては肝炎や肝硬変などの大きな病気につながる危険性があるのです。

そこで今回は、先日放送された『解決スイッチ』(テレビ東京系)の情報を参考に、二日酔いになりにくい“おつまみの選び方”をご紹介します。

 

■二日酔いになりにくいおつまみは“ネバネバ系”

サラダに、唐揚げに、ポテトフライに……とたくさん頼んでしまいたくなる“おつまみ”ですが、漢方の専門医でもある丁宗鐵医師によると、二日酔い防止のためには「あまり食べ過ぎずに、軽めにしたほうがいい」と言います。また、お酒の濃度だけでなく、おつまみにもこだわった方が良いのだとか。

丁医師が特にオススメするおつまみは、納豆やとろろ、海藻などの“ネバネバ系”。なんでもネバネバの成分“ムチン”は胃粘膜を保護してくれる作用を持っています。しかし、日本人は元来このムチンが薄いと言われており、お酒を飲むときには胃壁を痛めやすいそう。そこで、ネバネバ系食材でムチンを補ってあげるようにしましょう。

また、豆腐などのタンパク質が豊富なものは、肝臓のアルコール分解能力を高める作用が、レバーにはアルコールで失われたビタミンB1を補ってくれる効果があるそう。こちらも一緒に注文するようにしましょう。

 

■飲み過ぎたときに注文したいのは“酢の物”と“お味噌汁”

飲み会が楽しくて、気づけば「やばっ……けっこう飲んじゃった!」というときがありますよね。丁医師によると、そんなときに効果的なおつまみが、“酢の物”だと言います。酢の物などの“お酢”がたくさん入ったものは肝機能を活性化し、アルコール分解を早めてくれるため、肝臓に非常に優しいそうです。

また、飲み会のシメには“お味噌汁”を食べるとよりベター。二日酔いのメカニズムはさまざまあると言われていますが、そのひとつが“脱水症状”。お味噌汁は塩分・ミネラル・水分を補え、さらに味噌に含まれる大豆のタンパク質で肝機能を活性化させることができる、まさに最適な一品。

飲んでシメにラーメン……はやめて、お味噌汁にしましょう。

 

今回は、二日酔いになりにくい“おつまみの選び方”をご紹介しましたが、いかがでしたか? お酒の飲み過ぎで健康を害さないためにも、賢いおつまみ選びを実践して肝臓を守っていきましょう。

 

【関連記事】

※ 有名医師が-15kg減に成功!「食べても太らない」魔法の時間帯があった

※ 「体に悪いでしょ」は勘違い!コーヒー3杯で心臓病死リスクが4割減

※ 老け顔の人は早死する!? オバ顔が進むのは「そばvsうどん」どっち

※ 睡眠薬よりコッチ!専門家が教える「食べればグッスリ快眠フード」

※ 運動より飲み会!? 2杯飲むだけで便秘スッキリな「魔法のお酒」とは