VenusTap

手足をバタバタするだけ!冷え&ダイエットに「ゴキブリ体操」が効く

「雪、降らないかなぁ?」なんて浮かれてはいられない。冷えは多くの女性とは切っても切れない関係だ。

そこで今回は、先日放送された『NMBとまなぶくん』(関西テレビ)に出演していた、現役医師で医療ジャーナリストの森田豊先生の話を参考に、冷え性だけでなくダイエットにも効果を発揮する2つの対策をお伝えしよう。

 

■1:生姜ココアで、中から保温&痩身

「体が温まる飲み物は?」と聞かれて、番組に出演するNMB48の面々が回答したのが“ココア”。しかし、森田先生は「これだけでは不十分」とバッサリ。

実は、ココアは下半身を温めるのには効果的なのだが、上半身を温める効果は弱いそう。「しっかりと芯から温まりたいのであれば生姜もプラスしましょう」と森田先生。なんと、生姜は上半身を効率的に温めるという研究結果があるのだという。この2つを組み合わせることで、芯から温まることができる上、温かさも持続しやすくなるのだとか。

森田先生レシピによると、ミルクココアにすりおろし生姜を小さじ1杯プラスするだけでOK。試飲したNMB48のメンバーは「ほんのり生姜な香りがするけれど、味は全然! ピリピリもしなくて飲みやすい」と、美味しそうに飲んでいた。

体をしっかりと中から温めることは、脂肪の燃焼や消化促進にもつながる。1日1杯、ティータイムに取り入れてみよう。

 

■2:ゴキブリばたばた体操で、血行促進

森田先生が、さらに冷え性対策の1つとして紹介していたのが“ゴキブリばたばた体操”だ。まず、椅子に浅く座って太ももを少し持ち上げる。手足を前に出し、ベロを出す。あとはゾンビになったかのように顔や全身の力を抜いて、手足をバタバタさせるだけ!

「太ももをバタバタさせることで熱を作り、全身の力を抜いてバタバタさせることで血行促進につながる」そう。また顔の力を抜いて、首も振ればストレス解消にも効果を発揮してくれるのだとか。実はストレスが原因で、冷え性になっている人が多いそう。「誰もいない場所で、思いっきりバカになってやってみてください」とのこと。

冷え性に効果を発揮するだけでなく、ストレス解消、また太ももの筋肉を鍛えることでダイエット効果も期待できる。「なんか調子悪い?」と感じたら、1人でこっそりやってみよう。

 

どちらもすぐに取り入れられるもの。冷え症の悩みで頭を支配されないためにも、今日から早速行ってみてはどうだろうか?

 

【関連記事】

※ 何を食べてもOK!運動もなしで痩せていく「8時間ダイエット」とは

※ 篠原涼子も毎日グビッ!たった大さじ1杯で冬太りを防ぐ調味料とは

※ ズボラ女子でも大丈夫!「努力ほぼゼロ」で冬太りを防ぐ秘訣4つ

※ ローラやダレノガレも実践!お気軽女子向け「ながらダイエット」

※ 3ヶ月でー4kg減量!食前に水を飲むだけ「超楽ちんダイエット」とは

 

【画像】

※ Jason Stitt / Shutterstock