VenusTap

正月太りを解消!「よく咀嚼するだけダイエット」の驚くべき効果

お正月休みが明け、いつもの洋服がきつくなったウエストに「今年こそは痩せよう!」と決意した人も多いのではないでしょうか。とは言え、極端な食事制限はリバウンドしやすいだけでなく、美容や健康にも良くありません。

そこで今回は歯科衛生士の筆者が、よく噛むだけで健康に痩せられるダイエットのメリットについてご紹介します。

 

■よく噛んで満腹スイッチをONにしよう

食べ物を咀嚼した刺激は脳内のヒスタミンの分泌を促し、満腹中枢を刺激します。ヒスタミンは食欲の抑制だけではなく、脂肪の分解と燃焼を促すことがわかっています。しかし、よく噛まずに飲み込んでしまう人はなかなか満腹中枢が刺激されず、必要以上に食べ過ぎてしまいカロリーオーバーになる可能性も……。

新年会シーズンの今、「ちょっと食べすぎてしまったな」という日の翌日は、いつもより多く噛むことを心掛けてみてください。

また、たくさん咀嚼できるようなメニュー選びもポイントです。喉越しの良い麺類などよりは、雑穀米や玄米などを選ぶように心掛けたり、自炊できる場合は食材を大きめに切ったりすると良いでしょう。

 

■唾液の消化酵素で年末年始に酷使した胃腸を労わろう

なんだか胃腸が疲れているように感じ、食事の時間になっても空腹感が感じられないようなことはありませんか。唾液に含まれる消化酵素には、糖質や脂質を分解する効果があります。しかし、あまり良く噛まずに飲み込む方は十分にその効果を得られず、消化器官へ負担をかけてしまいます。

また、消化が悪いと栄養分がきちんと吸収されないので、せっかく身体のために栄養価の高い食事を心がけてもあまり意味がありません。食べ物の栄養分が全身に行き渡るよう、しっかり咀嚼して消化酵素をたっぷりと胃腸にプレゼントしてあげましょう。

 

いつもより多く噛むだけで、胃腸を労わり、そして無理のないダイエットにもつながります。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

着こむと逆に寒い!? 冬に冷えが加速する意外なNGファッション2つ

※ 30歳以上の盛りまつ毛は痛い!プロが教える愛されまつ毛の作り方

 肥満リスクが1.9倍!食欲が暴走しまくる「寝る時のNG行動」とは

※ 正月太りをリセット!運動も食事制限もなしの「努力ゼロ痩せ」テク

「和式vs洋式」どっちが危険?ノロ感染を防ぐトイレのお作法3つ

 

【画像】

※ darudow / Shutterstock