VenusTap

ベッキーもハマった!ゲスの極みな不倫男が使う「騙しの常套句」3つ

「本当に心苦しいけれど、ちゃんと卒論書くから待ってて欲しいな」離婚届を“卒論”とたとえ、不倫相手に待っててほしいと訴えたのは、人気バンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音。相手は好感度タレントランキングの常連であり、CM契約10本、レギュラー番組8本を抱える人気タレント、ベッキーである。

先日『週刊文春』(文藝春秋)にて2人の不倫交際が報じられると、芸能界をはじめ、お茶の間にも大きな衝撃を呼んだ。また、川谷は結婚していることを隠したままベッキーに近づいたとも噂され、まさに“ゲスすぎる男”として、ネット上は火祭りの状態に……。

そこで今回は、川谷や筆者の周りのケースを参考に、あなたも騙されないでほしい“ゲスの極みすぎる!不倫男のお決まりセリフ”をご紹介しよう。

 

■1:「妻とは上手くいっていないんだ」

「これは、不倫男が100%口にするセリフ」と断言するのは、都内在住の既婚男性Mさん。何を隠そうMさん自身も幾度となく不倫を重ねてきた、リアルゲス男だ。

「お互いに割り切った関係ならまだしも、悪質なヤツは“本気で交際している”と女性を信じさせる不倫男。妻と上手くいっていないとアピールすることで、女性側に“いつか私が妻の座に……”と、その先があるのかもと思わせるのです」

実際にMさんは、妻との関係は冷めきっているものの、子どもがいるため離婚は一切考えていないという。

 

■2:「長いことセックスレス」「妻は女として見れない」

続いては、筆者の友人が陥ったケース。筆者の友人T美は、不倫相手である彼から「妻とはセックスレス。いつしたかも思い出せない」「妻のことはもう女として見れないよ」と散々聞かされ、相瀬を重ねた。

ところが、あるときから極端に連絡が減り、メールをしても「忙しいんだ。また連絡するよ」の一言。事情を話し、彼の友人からSNSを見せてもらうと、「第一子が生まれました!」と我が子を抱きながら、満面の笑みで写真に写る彼の姿が……。

ただ単に、「(妻が妊娠しているから)セックスはしていない」というだけの、妻の妊娠中に自分の性欲を処理したいだけの最低不倫男も存在するのだ。

 

■3:「離婚の話進めるから、もうちょっと待って」

冒頭の川谷も口にした「待ってて欲しいな」というセリフ。不倫男は、交際相手の女性へ“エセ誠意”を見せようと「妻に離婚の意思を伝えた」「もう少し時間がかかりそうだけれど、待っていて欲しい」などと、半分リップサービスな言葉をおくるという。そう語るのは、現在不倫中のFさん。

「離婚の意思は伝えたのに、妻がゴネてなかなか別れられない」と、する気もない嘘の離婚話を出し、「不倫を楽しんでいます」とのこと。

 

いかがだっただろうか? 川谷同様に、甘いセリフで女性を陥れる不倫野郎が存在するのも事実。その代償はあまりにも大きい。彼の言葉が真実かどうか、くれぐれも注意したい。

 

【関連記事】

は…そんな理由不倫男に聞いた「浮気理由」3位マンネリ、2位1位は

抜け出せなくなる?浮気中の男女300人に聞いた「不倫期間」にあ然

当てはまったらハイ次っ!あなたと「絶対結婚しない」男の特徴5つ

とっとと次いこ!近い将来「あなたと絶対結婚しない男」の特徴4つ

ブラピも40歳で不倫!男が40代になると突然浮気したくなる理由とは