VenusTap

北川景子はパーフェクト!「結婚したい女」になれる心理学テク3つ

DAIGOと北川景子と結婚会見があまりにもラブラブで、テレビを見ながら「私も早く結婚したい」とため息をついていた独身女性も多いのでは? 恋愛心理カウンセラーの筆者の元へも、「あぁ~、私の彼氏はいつ結婚してくれるの?」と思い悩む女性が多数駆け込んできました。

そこで今回は、彼氏に結婚を意識させる3つの方法を、DAIGO&北川景子のカップルを例に、男性心理に基づいて教えちゃいますね。

 

■1:彼氏の胃袋をつかもう

“ランチョン・テクニック”という心理効果をご存知ですか? これは、美味しい食事を一緒に食べることで、自分の印象が高くなるというもの。DAIGOも結婚記者会見で、「景子ちゃんの作るごはんがおいしくて、料理の味付けがピンポイントでドンズバで最高」とベタ褒めでしたね。

決して芸能人並に豪華な食事や、手間暇がかかった食事を一緒に食べる必要はありません。ポイントは彼氏の好みや体調、健康などを考慮して、食事を作ってあげること。彼氏の胃袋をガッチリ掴むことができれば、「この女性と温かい家庭を築き、一緒になりたい」と自然と結婚を意識し始めるはず!

 

■2:「ほめ上手」になって男性に自信をつける

DAIGOのプロポーズの言葉は「KSK。結婚してください」でした。お馴染のアルファベットの略語ですね。北川景子は、このDAIGOのギャグに100発100中、大笑いしてくれるそうです。結婚記者会見でも、DAIGOはその大笑いが「すごく自信になるんです」「もったいないくらいパーフェクト」と話していました。

男性は、自分に自信を持たせてくれる、自分の良さを分かってくれる女性ほど、大切にしたいと思います。上手なほめ方としては、彼氏の良いところを気づいたときに“すぐに”伝えること。

言葉で彼の魅力を理解していることを伝えれば、「生涯の良き理解者になってほしい」と彼が願い出るはず!

 

■3:未来のことを想像させる

男性の中には、「結婚することは自由を失うことだ」「結婚は人生の墓場だ」と考える人もいます。経済的な責任、彼女を守る責任など、たくさんの責任という山が立ちはだかっているように感じるのです。

そこで、彼氏に結婚を意識させたい場合は、“幸せな未来を想像させる”のも効果的です。例えば、「○○歳になったら何してるかな」「子どもがいると明るくて楽しいね」などの明るい未来を語り、“結婚はいいものだ”というプラスのイメージを持たせ、2人一緒の将来を想像させましょう。

 

いかがでしたか。男性の最大のマリッジブルーは、プロポーズ前だといいます。明るい未来を想像させる振る舞いで、彼氏との結婚を近づけていきましょうね。

 

【関連記事】

※ 北川景子は完璧!? 「彼女になれるか」は出会って3回目までが勝負

※ 付き合ってもいないのに「手をつないでくる男」その心理を暴く!

※ 福山雅治が選ぶわけだ!心理学で判明「吹石一恵がモテる理由」3つ

※ 2位ベッキーよりも!「彼氏を束縛しそうな女性芸能人」断トツ1位は

※ ハイ黒確定!心理学でバレバレ「男がウソをついている時」の仕草3つ

 

【画像】

※ puhhha / Shutterstock