VenusTap

重いものは一番下に!肩こり&腰痛がスッキリするバッグの持ち方

あなたは「通勤バッグが重いせいで肩がこる」と悩んでいませんか? 肩こりがひどいと、頭痛や吐き気まで併発する人も中にはいるはずです。

そこで今回は米国整形外科学会の情報をもとに、肩こりを予防するバッグの詰め方や選び方、持ち方などを紹介します。

 

■1:詰め込みすぎNG! バッグの中身を減らす

あなたはあまり使わない不必要なものまで、バッグに入れっぱなしにしていませんか? 持ちやすいバッグを選んでも、荷物が重ければどうしても腰や肩の筋肉に負担が掛かります。

米国整形外科学会によれば、体重の10%以上の重さはNGだとか。つまり、体重が50kgの人は5kgまでとなります。試しに帰宅直後のバッグを体重計に載せてみては?

女性は何かと荷物が多いですので、オーバーしているかもしれませんよ。

 

■2:重たい荷物をバッグの一番底の中央にしまう

手提げ鞄や肩に掛ける通勤バッグは、下に重たい荷物、上に軽い荷物を入れると持ち運びやすくなります。また、重いものは端ではなく、真ん中に置いて左右のバランスが取れるように工夫してみてください。

上記を踏まえ、通勤バッグには、仕切りのあるものの方が、バッグの中で荷物が動かないので、左右のバランスが崩れにくくてよいでしょう。仕切りのないトートバッグタイプを選んでしまうと、鞄の中身がぐちゃぐちゃになってバランスが崩れるだけでなく、物を探す時間も余分に増えます。

 

■3:手提げでなく肩掛けのバッグを選ぶ

公共交通を使って通勤する人、あるいは営業などで外を歩く時間が長い人は、手提げやクラッチバッグは避けてください。筋肉や関節に負担がかかるからです。

理想はななめ掛けできるショルダーバッグですが、カジュアルすぎて仕事では使えないという人は、普通の肩に掛けられる鞄を選びましょう。また、“右肩だけ”といった使い方はNG。こまめに掛ける肩をかえましょう。

 

以上、肩や腰に負担の少ない鞄の選び方をまとめました。リュックタイプを選びたい人は、肩掛け部分のサイズを自由に調整できて、大きいパットがついたタイプをチョイスすると負担が少ないですよ。

 

【関連記事】

有名医師が-15kg減に成功!「食べても太らない」魔法の時間帯があった

コーヒーよりコッチ!飲むだけで「風邪知らず」になる身近な飲み物は

やせ子は絶対しない!ポチャ子がよくやる「居酒屋でのNG行動」4つ

たった1杯飲むだけ!有名医師が太鼓判「痩せる味噌汁」茶節とは

ローラも中毒!1日1個アレを食べるだけのダイエットが効果てき面

 

【参考】

Suffering for Fashion: Rethink Shoe and Bag Choices – American Association of Orthopaedic Surgeons

 

【画像】

※ Syda Productions / PIXTA(ピクスタ)