VenusTap

2位矢口真里より嫌悪感!不祥事以来「TVで見たくない」芸能人1位は

一般企業なら、重大な問題を起こしてしまったら解雇になるもの。しかし、芸能界だと何か問題を起こしても、何事もなかったかのようにテレビに出続ける人は多いですよね。その姿を見て「はい!?」と思っているのは、どうやらあなただけではないようです。

そこで今回『VenusTap』では、「“あの不祥事”以来、テレビで見たくないと思う芸能人は?」というアンケート調査(協力:クリエイティブジャパン)を実施。その結果をランキング形式でご紹介します。

 

■“あの不祥事”以来「テレビで見たくない!」と思うのは……1位ベッキー!

男女503名にアンケートをしたところ“あの不祥事以来、テレビで見たくないと思う芸能人TOP5”は次のような結果になりました。

1位:ベッキー(不倫問題)・・・17%

2位:矢口真里(不倫問題)・・・14%

3位:あびる優(集団窃盗)・・・7%

4位:ゲスの極み乙女。川谷絵音(不倫問題)・・・6%

同率4位:河本準一(親族が生活保護の不正受給)・・・6%

5位:指原莉乃(恋愛禁止での恋愛)・・・5%

堂々の1位は、新年早々に不倫騒動で世間を騒がせたベッキー。その相手である川谷も4位にランクイン。

また2位には、こちらも2013年に不倫騒動を起こした矢口真里が選ばれていることから、世論はやはり不倫には厳しいようです。

さらに1位~5位までに共通して見られるのが「問題を起こしながら、平然と笑顔でテレビに出ているところに腹黒さを感じる」というコメント。どうやら、ランクインしている人たちは不祥事の内容だけでなく、その後の反省の色も票を集めた理由のようです。

 

■不倫女子になるのも、不倫女子を近づけるのも、絶対ダメ!

新年一発目の大スクープであり、今回のランキングでも堂々の1位に選ばれたベッキーの不倫騒動をうけて、『VenusTap』でもこの件に関わる多くの記事をお伝えしてきました。

未婚女性は、不倫でせっかく築き上げたキャリアや人脈を失わないように「ベッキーもハマった!ゲスの極みな不倫男が使う“騙しの常套句”3つ」で、既婚男性の甘い言葉に騙されないようにしましょう。

既婚女性で、もしも「うちの夫も不倫しているかも?」と感じていたら「LINEより証拠の山!専門家が教える“浮気を見破る”男の持ち物とは」で、不倫の証拠をつかみましょう。

「今後、ベッキーはどうなっちゃうんだろう?」と気になる人は、「ベッキーもタレント生命終了?不倫スキャンダルで消えた芸能人まとめ」を読んで、行く末を見守りましょう。

自分がベッキーや矢口のような不倫女子になってしまうのも、愛する夫に不倫女子を近づけてしまうのも、どちらも避けたいこと。そのためにもしっかりと予防線を張っていきましょう。

 

今回は、「“あの不祥事”以来、テレビで見たくない!」と思う芸能人をご紹介しました。まだまだ始まったばかりの2016年、TOP5の面々は年末まで生き残れるでしょうか……?

 

【関連記事】

※ 2位坂上忍より不快!「チャンネルを変えたくなる男性芸能人」1位は

※ 神田うのに大差!「チャンネルを変えたくなる女性芸能人」納得の1位は

 

【参考】

ボイスノートマガジン – クリエイティブジャパン

 

【画像】

※ conrado / Shutterstock