VenusTap

辻ちゃんや紗栄子より勘弁!「自分の親だったら嫌なママタレ」1位は

芸能人の妊娠・出産のニュースを耳にしたとき「こんな人がお母さんなんていいな~」とため息をついたことは誰しもあるでしょう。では、その逆は……?

そこで今回『VenusTap』では、「“自分の母親がこんな親だったら絶対ヤダ”と思ってしまう女性芸能人は?」というアンケート調査(協力:クリエイティブジャパン)を実施。その結果をランキング形式でご紹介します。

 

■「自分の母親だったら絶対ヤダ!」と思う女性芸能人は…加護亜依!

男女503名に「“自分の母親だったら絶対ヤダ”と思ってしまう女性芸能人は?」と質問したところ、TOP5は次のような結果になりました。

1位:加護亜依(15%)

同率2位:辻希美(10%)、紗栄子(10%)

4位:土屋アンナ(8%)

5位:安藤美姫(6%)

6位:安達祐実(4%)

堂々の1位は、ぶっちぎりで「加護亜依」が選ばれました。未成年での喫煙騒動から始まり、俳優との不倫報道、自殺未遂、できちゃった結婚、元夫のDV疑惑、離婚、元旦那の逮捕、さらには仕事の面でも様々なトラブルに見舞われるなど、「加護ちゃんが母親だったら、自分も不幸に巻き込まれそう」というのが大きな要因になったようです。

また同率2位で並んだのが、さまざまな“嫌いなママタレランキング”で常に上位を独占する「辻希美」と「紗栄子」が並ぶという結果に。この二人は「ちゃんと子育て出来なさそう」、「子どもよりも自分を優先しそう」といったイメージからランクイン。

奇しくも1位と2位に選ばれた加護と辻は、共に12歳のときに『モーニング娘。』でデビューし、『ミニモニ。』や『W(ダブルユー)』といったユニットを組んでいた。全盛期を知るファンからすると、ちょっと複雑な結果かも……!?

 

■どんな母親でも子どもが幸せだったら問題なし!

「私も母親としてちゃんとやれているか不安」という女性もいるかもしれません。都内幼稚園に30年間勤務するベテラン幼稚園教諭・Hさんによると「他人にどう思われるかよりも、子どもがどう思うかが大切」だと語ります。

今回のランキングに名を連ねたTOP5の面々の共通点といえば、派手な容姿や派手な異性関係でしょう。芸能人でなくともやはり身近に金髪であったり、恋人男性がコロコロ変わったりしている母親がいれば、顔をしかめてしまう人は多いもの。

しかし、Hさんは「自分の人生を追い求めるあまり、子どもを蔑ろにするようでは悪い母になってしまいますが、髪がピンク色であろうと、1ヶ月毎に恋人が変わろうと、母親として子どもを幸せにできていればそれで十分なのです」と言います。

母親だけでなく、子どもだけでなく、“母親と子ども”共に笑顔になれる親子関係を築いていきましょう。

 

周囲から「こんな母親だったら絶対イヤ!」と思われても、子どもに「ママ大好き!」と思われていれば、“最高の母親”です。果たしてTOP5の面々はどうでしょうか……?

 

【画像】

※ Saeko (Photo by Jun Sato/WireImage) *** Local Caption ***

 

【関連記事】

※ 木村拓哉じゃない!? 専門家が分析する「いい夫になるSMAP」1位は…

※ ゲス川谷は全部ビンゴ?専門家が語る「不倫しやすい男」の特徴3つ

※ 3位有吉、2位さんまより「死ぬほど金を貯めてそう」な芸能人1位は

※ 2位紗栄子よりムカつく!最新版「イラッとするママタレ」1位は

※ 2位ベッキーより怖い!? 「鬼嫁になりそうな女性芸能人」断トツ1位は

 

【参考】

ボイスノートマガジン – クリエイティブジャパン