VenusTap

2位新山千春に圧勝「炎上を狙ってるでしょ?」と思う芸能人1位は

近年よく聞くようになった“炎上商法”という言葉。話題を集めるような言動をして批判と引き換えに注目を集めることで、ブログのアクセス数が上がって収入が増えたり、本やCDの売り上げが増えたり、芸能人にとっては意外と嬉しいことなのです。だからこそ、むしろ意図的に炎上をしている人もいるでしょう。

そこで今回『VenusTap』では、「話題になりたくて“わざと炎上を狙っているでしょ”思ってしまう芸能人は?」というアンケート調査(協力:クリエイティブジャパン)を実施。その気になる結果をご紹介します。

 

■「わざと炎上狙っているでしょ?」と思うのは……紗栄子&辻希美!

男女503名に「話題になりたくて“わざと炎上を狙っているでしょ?”と思ってしまう芸能人は?」と質問したところ、TOP5は次のような結果になりました。

同率1位:紗栄子・辻希美・・・53票

3位:新山千春・・・29票

4位:西野亮廣(キングコング)・・・26票

5位:きゃりーぱみゅぱみゅ・・・18票

6位:Fukase(SEKAI NO OWARI)・・・15票

堂々の第1位は、「紗栄子」と「辻希美」という炎上女王の2人が並ぶ結果になりました。その得票数も2位以下を圧倒的に引き離すダントツぶり。

セレブタレントの代表ともされる紗栄子は、そのキャラクターが世間の反感を買ってSNSを更新をするたびに炎上を起こしています。

それでも本人はまったく気にする様子もなく、新年には交際発表をした資産2,000億円のネット通販社長との豪華旅行をアップするなどしているため、「むしろ世間から批判を買うために必死なのでは」と勘ぐられています。

ちょっとおバカなママタレの代表である辻希美は、自身の場違いな行動や子ども関係で炎上することがほとんど。冠婚葬祭のときに非常識な格好で参加したり、子どもと共に自転車を4人乗りしたりなど、その行動はママ世代を中心に批判殺到。「同じ母親としてはむしろネタであってほしい」とのコメントも見受けられるほどです。

 

■紗栄子にはモテ技、辻希美にはラブ技を学ぼう!

どんなに大騒ぎしてもまったく炎上しない芸能人もいることから、やはり彼女たちが炎上するのはそれだけ世間からの注目度が高いという証でもあるでしょう。

そんな紗栄子の魅力といえば、やはりダルビッシュ有選手や資産2,000億円ネット社長など、“狙った男は必ず落とす”魔性の女っぷり。その秘訣を知りたい方は「紗栄子に学ぶ!どんなオトコも虜に…“魔性の女”になる方法4つ」で、彼女に近づきましょう。

辻希美の魅力といえば、結婚当初は「すぐに離婚するだろう」といわれていた夫・杉浦太陽とのオシドリ夫婦ぶり。パートナーといつまでもラブラブでいたい方は「杉浦太陽が男前すぎ!辻ちゃん夫婦が円満な理由には3つの秘密が…」を読んで、役立てていきましょう。

 

いかがでしたか? 今後TOP5の面々はどんな炎上ネタを提供してくれるのか、注目しておきましょう。

 

【画像】

※ Saeko during “Backdancers!” – Stage Greeting at Yomiuri Hall in Tokyo, Japan. (Photo by Jun Sato/WireImage)

 

【関連記事】

※ 木村拓哉じゃない!? 専門家が分析する「いい夫になるSMAP」1位は…

※ ゲス川谷は全部ビンゴ?専門家が語る「不倫しやすい男」の特徴3つ

※ 2位紗栄子よりムカつく!最新版「イラッとするママタレ」1位は

 

【参考】

ボイスノートマガジン –  クリエイティブジャパン