VenusTap

ゲ…毎日やってた!「心臓病リスクが27%UP」する朝のNG習慣とは

毎朝、ご飯はしっかりと食べていますか? 「忙しくて食べられなかった」「菓子パンをちょっとつまんだだけ」といった食生活になっている人も多いかもしれません。あるいはダイエットのために抜いている人もいるかも……。

しかし、米ハーバード大学公衆衛生大学院の調べによると、習慣的に朝食を抜いていると心臓病リスクが高まることが分かりました。

 

■朝食を抜くと心臓病リスクが27%もアップ

“朝ご飯を抜くとかえって肥満リスクが高まる”という話は、みなさんもよく耳にすると思います。しかし、米ハーバード大学公衆衛生大学院の調べによると、日常的に朝食を抜くことは心臓病のリスクまで高めると分かりました。

同大学院が1992年から2008年に渡り、被験者26,902人を分析。その結果、いつも朝食を食べていない人ほど、心臓病や心臓の血管の病気になるリスクが27%も高かったそうです。

今回の調査は男性のみが対象だったそうです。しかし、女性にもちょっと聞き捨てならない話ですよね?

 

■健康的な朝食のポイント

「でも、朝忙しくて……」という人は、どうすればいいのでしょうか?

農林水産省によると、ポイントは“手軽な食事メニュー”と“食べる時間帯の工夫”だそう。朝からご飯を作るとなると面倒ですので、

・前日にお米をたいておく(残しておく)

・前日の夕食でおかずやみそ汁を残しておく

・納豆や漬物、のりなどすぐに食べられるおかずを常備しておく

などで、忙しい朝でも手早く朝食を準備できます。もちろん、冷凍のストックを用意しておく手もあります。

仮に忙しくてご飯を食べずに家を出てしまっても、昼食の時間より3時間以上前に朝ごはんを食べればOK。ベストなバランスで栄養をチャージできるのだそうです。12時にお昼を食べるとすれば9時まで、13時にお昼を食べるなら10時までですね。

何も口にせずに家を出てしまった日は、仕事の前に職場でおにぎりなどを口にしてから仕事を始めるといいかもしれませんね。

 

以上、朝食を抜いてしまう人は心臓病のリスクも高くなるという話をしました。健康のために、朝ごはんはきちんと食べましょう。

 

【関連記事】

※ ダレノガレも美ボディキープ!「5週間で-9キロ」の飲むだけダイエット[PR]

ローラも中毒!1日1個アレを食べるだけのダイエットが効果てき面

有名医師が-15kg減に成功!「食べても太らない」魔法の時間帯があった

-15kg減の医師が実践!入浴30分前に飲むだけで痩せる飲み物とは

子どもにアジフライはNG!大学調査で判明「天才になる魚の食べ方」

 

【参考】

Skipping breakfast may increase coronary heart disease risk – HARVARD T.H. CHAN SCHOOL OF PUBLIC HEALTH

めざましごはん – 農林水産省