VenusTap

産後クライシスを回避!子どもができても夫婦円満が続く魔法の言葉

子どもが産まれる前は夫婦円満だったのに、子どもが誕生した途端に夫婦仲が悪化する……こんな話を聞いたことがありませんか? 筆者の友人にも、結婚して5年間ずっとラブラブだったにも関わらず、待望の子どもが誕生した途端に旦那さんが浮気に走った、ということが実際にありました。

すでにお子さんがいる女性や、いつかは子どもを持ちたいと考える女性にとって、この問題は他人事ではないはずです。そこで今回は、夫の気持ちがわかる夫婦問題カウンセラーの下木修一郎さんに、“子どもが誕生しても夫婦円満でいる秘訣”をお伺いしました。

 

■子どもができると妻は安定を求めるが、夫は刺激を求め続ける

恋人時代は刺激的に過ごしていくことが円満の秘訣です。結婚後は刺激と安定のバランスを保つことが円満の秘訣です。しかし、子どもができたら妻は一変して“安定”だけを求めるようになります。刺激の中で子育てなんてできないですものね。

ですが、この安定志向が夫にとっては、とても窮屈になります。お金も使えなくなる、趣味も制限される、子どもと行けるところにしか行けなくなる……など、挙げればキリがありません。

さらに、妻も自分の相手をしてくれないので、ストレスが溜まります。そうなると「子どもを育てるために結婚したんじゃない!」こんな風に考えだします。

この安定と刺激の差により、お互いにイライラして夫婦仲が険悪になったり、夫が浮気に走ったり、という大きな原因になります。

 

■夫婦円満のコツは夫への感謝の言葉

子どもが誕生しても夫婦円満でいるためには、夫が“刺激を求めているにも関わらず安定な家庭づくりに貢献してくれている”ことを忘れずに感謝しましょう。

「私だって子育てで大変なのに」と思うかもしれませんが、男性は単純なため「俺の頑張りをわかってくれているんだ!」と思わせることができれば、勝手に頑張ってくれます。

そのために大事なのは感謝やねぎらいの言葉です。「いつも遅くまでお仕事してくれてありがとう」「お小遣いの額が減っちゃってごめんね」など、1日にたったひとつこれらの言葉をかけるだけで、夫婦関係は円満にいくのです。

 

■子育て時期を乗り越えれば“離れられない関係”になる

夫への感謝やねぎらいの“言葉がけ”さえしっかり頑張れば、もうあとは頑張らなくてOK。子育ての大変な時期さえ乗り越えられたら、夫婦の間には強い絆が作られます。

そして大切なのが、子育てが落ち着いてきたらきちんと刺激を与えること。子どもを預けて二人の時間をつくったり、夫に少しだけ自由を与えてあげたり。

大丈夫です。ちゃんと“言葉がけ”さえできていれば、子育てを頑張ってくれた妻に感謝できる夫になっていますよ。

 

今回は、子どもが誕生しても夫婦円満でいる秘訣をご紹介しましたが、いかがでしたか? 末長く夫婦円満でいるために、子育てとともに夫への言葉がけも頑張っていきましょう。

 

【関連記事】

※ 非モテ女子必読!「人生最大のモテ期」を呼びよせるハワイの占いとは[PR]

※ 平子理沙も!? 「どんなに美人でも男が浮気したくなる」NG妻の特徴2つ

※ やっぱり…!「アレを触りあう」と夫婦生活が円満になると判明

※ 頼りなくてもOK!結婚後「本当に良い夫」になる男性の特徴3つ

※ 2位紗栄子よりムカつく!最新版「イラッとするママタレ」1位は

 

【取材協力】

※ 下木修一郎・・・夫の気持ちを知る男性夫婦カウンセラー。1000人を超える夫との関係に苦しむ妻たちの悩みを聞き解決へと導く。結婚の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと、WEBサイト『つかえる夫婦円満のハウツー 夫婦図鑑』で自分自身の経験をもとに具体的な夫婦円満のためのアドバイスを公開。

 

【画像】

※ Andrey_Popov / Shutterstock