VenusTap

焼肉の食べ過ぎを「なかったこと」に!脂質を流す魔法の飲み物とは

焼肉が大好物な女子も多いでしょう。ついつい「カルビ2人前追加で! あっ、あとタン塩3人前も!」と食べ過ぎてしまいがち。その結果、帰り道にお腹をさすりながら「また太っちゃう」と半べそをかいている女性は少なくないはずです。

そこで今回は、先日放送された情報バラエティー『バイキング』(フジテレビ系)を参考に、“焼肉を食べ過ぎても太りにくくしてくれる”夢のような方法をご紹介します。

 

■焼肉を食べ過ぎたらブラックコーヒー! 余分な脂を流す!

お肉でも赤身肉は、代謝を上げるなどダイエットに効果があります。しかし、サシがたっぷり入ったものは要注意。脂身に含まれる“飽和脂肪酸”というものは、残念ながら体脂肪になりやすいのだそう。しかし、「そっか、これが全部体脂肪になるのか……」と落ち込むのは早い!

管理栄養士の伊達友美氏によると「食べたものはすぐに脂肪に変わるわけではないので、食べ過ぎてしまってもそのあとの対処法でちょっとフォローすれば、(体脂肪として)身につくぶんを減らせる」と言います。

焼肉などで飽和脂肪酸を多く摂ってしまったときに、効果的なのが“コーヒー”なのだそう。コーヒーに含まれる成分“メラノイジン”は、「余分な脂肪を吸着して外に出してくれる働きがある」と言います。

ピザや肉料理など脂がたっぷりなメニューが多い、イタリアンなどでもよく食後にコーヒーが出てきますが、実はこれは非常に理にかなっているのだとか。

焼肉を食べ過ぎてしまったときは、喫茶店などでコーヒーを飲んでから帰宅するようにしましょう。

 

■焼肉は赤身肉から食べるようにすると太りにくい

焼肉を食べる際は、カルビやタン塩、ホルモンなど好きなものをどんどん注文してしまいますが、太りにくくするお肉の食べ順もあるそう。

それが、ハラミやロース、ヒレなどの赤身肉から食べるというもの。これらの赤身肉でできるだけお腹をいっぱいにして、脂身の多いお肉を控えめにするといいのだとか。

焼肉は飲み会や宴会などでもよく使用される場所。ダイエット中だけど、どうしても焼き肉に行かないといけない……というときは、赤身肉オンリーでいきましょう。

 

今回は、焼肉を食べ過ぎても太りにくくなる方法をご紹介しました。お肉の食べ順を意識したり、食後にコーヒーを飲んだりして、焼肉屋から半べそになりながら帰宅するのは終わりにしましょう。

 

【関連記事】

ダレノガレも美ボディキープ!「5週間で-9キロ」の飲むだけダイエット[PR]

※ ビヨンセも食べた!医師も太鼓判を押すダイエットに効果抜群な野菜

※ 「体に悪いでしょ」は勘違い!コーヒー3杯で心臓病死リスクが4割減

※ −15kg減!有名医師が「痩せて美肌もゲット」した一石二鳥食材とは

※ ハーバード大が世紀の発見!あの果物に「食べるだけで痩せる」効果あり