VenusTap

2人に1人が肥大化!運動なしで痩せる「正月太り」簡単リセットテク

新年が明けて約1ヶ月。年末年始の暴飲暴食で「なんか体が重いな……」と感じた人も多いだろうが、2月に入るとそれがお正月だけの“仮の状態”ではなかった事実がひしひしと伝わってくる。さて、あなたの新年のダイエット&エクササイズ計画は進んでいるだろうか?

そこで今回は、プライベートジムを運営する『RIZAP(ライザップ)』が実施した「正月太りとダイエットに関する調査」の結果をご紹介しよう!

 

■お正月に太ったパーツ、断トツ1位は?

調査は、全国の20歳~59歳の男女800人(RIZAP非会員)を対象に実施されたもの。

まず、「今年の年末からお正月にかけて、太ったと感じますか?」と尋ねると、なんと半数以上の52.8%が「感じる」と回答。「2、3日で元に戻るわ」という考えが甘いものだったことがわかる。

次に、「太ったと感じる体のパーツはどこですか?」という質問では、1位が断トツで「お腹」(92.9%)。2位は意外にも「顔」(25.4%)という結果になった。乙女にとって、顔が太るのは致命傷!

また、「その原因は何だと思いますか?」と尋ねると、1位は当然「食べ過ぎ」(91.7%)という結果に。2位は「運動不足」(54.0%)、3位は夜な夜なのパーティー三昧などが原因による睡眠不足や食生活の乱れと思われる「不規則な生活」(22.3%)だった。

なお、増加した体重の平均は2.09kgだった。スーパーで売られる2kg分の肉を見れば、どれほど自分がサイズアップしたか痛いほどわかるだろう。

 

■お正月太りをリセットする方法

「お正月くらい太っても仕方ないわ」という気持ちも当然。しかし、春が来てコートを脱ぐまでに、ドーンと増えた体重と脂肪はなんとか落としたいものだ。

上記のように、正月太りの理由が自分でわかっている場合は、まず生活や食習慣を以前のものに戻すことが大事。しかし「まだ寒いからエクササイズをせずに痩せる方法ないかしら」という人に、効果的なヒントをご紹介しよう。

『VenusTap』過去記事「正月太りをリセット!運動も食事制限もなしの“努力ゼロ痩せ”テク」で紹介したとおり、エクササイズやダイエットをしなくても痩せやすい体を作る方法は、

(1)1日のうち8時間以内に食事を終える

1日の食事をする時間を8~9時間以内に設定し、その間に3食食べ終わるだけで、痩せやすい体になるそうだ。

(2)睡眠時間を1時間長くする

ミシガン大学の研究によると、毎日の摂取カロリーが2,500kcalの場合、1時間長く寝ることで年間約6.3kgも体重が減少したという。

(3)野菜の摂取量を増やす

元々低カロリーで栄養もたっぷりの野菜を多く摂取することで空腹感を防ぎ、摂取カロリーを抑えて痩せることが可能になる。

(4)外食を避け、自炊する

米国の消費者を対象にした調査で、“自炊の回数が多い人は痩せやすい”という結果が出たそうだ。外食続きで疲れた胃と体を休ませるためにも、自炊回数を多くしよう。

 

たいした努力をせずとも、生活・食習慣を整えることで痩せやすい体作りはできそうだ。しかし痩せるだけでなく筋肉をつけてシェイプアップしたい場合は、エクササイズが必須。まず上記の方法で増えた体重を減らし、春が来たらウォーキングやジョギング、ジムでの運動などを取り入れてみよう。

 

【関連記事】

ダレノガレも美ボディキープ!「5週間で-9キロ」の飲むだけダイエット[PR]

※ 春までに痩せる!食べると脂肪がメラメラ燃えるスーパーフード5つ

※ ちょっと早起きするだけ!貴重な朝時間を使って美ボディになる方法

ナマケ女子でもスリムに!「寝てる間」に痩せ体質になる簡単秘策3つ

 

【画像】

※ bilderpool / Shutterstock