VenusTap

この3つでヨソ見なし!専門家が語る「夫の浮気心を封じる方法」

既婚女性の多くは「できれば夫とは一生ラブラブでいたい」と思っているでしょう。しかし、仕事や家事、子育てで忙しいとついつい旦那さんは後回しに……。それを続けてしまえば、夫婦関係を一瞬で壊す“夫の浮気”という事態も招きかねません。

そこで今回は、夫婦カウンセラーの下木修一郎さんに、“浮気を阻止するための夫への接し方”についてお伺いしました。

 

■浮気をされないために自分の行動を再度チェックしよう

まず、“浮気をされる”ということは「相手の女性が好みのタイプだった」「雰囲気に流されてしまった」など、そのときの感情や流れもありますが、いずれにせよ夫にとって妻の重要性が下がっているときに起こります。これは少なからず、妻側にも問題があるから。

思い当たる節はありませんか? 夫になにか言われても忙しいからと「はいはい」で流してしまったり、セックスの誘いを断り続けてしまったり、子どもにかかりっきりになってしまったり。既婚男性の浮気理由として意外に多いのが、「妻がかまってくれなくなった」というなんとも可愛いらしい理由なのです。

本来であれば夫婦円満でいられることなのに、それが原因となって浮気となってしまっては本末転倒ですよね。そこで浮気防止、夫婦円満を続けるためにも、以下の3つを確認して夫への接し方を再度チェックしてみましょう。

 

■夫をねぎらっていますか?

夫がいつも遅くまで仕事をしてくれていること、休日に子どもの面倒を見てくれていること、一緒にスーパーに行ったら買い物カゴを持ってくれることに対して、「当たり前でしょ!」なんて思っていませんか?

確かにやって当然のことですが、男性は自分の妻から褒められるのが大好きなのです。「ありがとう」のたった一言でいいので褒めてあげてください。これだけで男性は、「もっともっと妻のために頑張るぞ!」と思います。

 

■夫への愛情表現ができていますか?

女性は結婚すると安心したり、子どもの世話でバタバタしたりして、夫への愛情表現を怠りがちになります。しかし、これはNGです。

週末や子どもが早く寝たときには、夫と二人でDVDを観ながらワインを飲んだり、交際中の写真を見ながら思い出を語り合ったりなど、夫婦の間に刺激をもたらすことを意識しましょう。これだけで、夫婦ともに恋人時代のときめきを持続させることができます。

 

■子どもばかりになっていませんか?

産後クライシスを回避!子どもができても夫婦円満が続く魔法の言葉」でもお伝えしましたが、子どもができたときこそ、女性の意識が子どもにばかりにいってしまい、寂しさから男性が浮気に走る時期です。この時期はいつも以上に、夫に対して感謝やねぎらいの言葉をかけるようにしましょう。

 

夫が浮気をしないためには、妻の努力は欠かせません。日々この3つを意識して浮気防止をしつつ、さらに夫婦関係もより円満にしていきましょう。

 

【関連記事】

※ 夫婦ラブラブに…!? 2016年こそ幸せになりたい「私の運命」が判明[PR]

※ 「有給休暇の残日数」毎月チェックしている?夫の浮気を暴く方法3つ

※ キャバ嬢も乱発!男性をトリコにする魔法の言葉「さしすせそ」とは

※ 実はすごく愛されていた!女性が気づかない「男性の愛情表現」7つ

 

【取材協力】

※ 下木修一郎・・・夫の気持ちを知る男性夫婦カウンセラー。1,000人を超える夫との関係に苦しむ妻たちの悩みを聞き解決へと導く。結婚の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと、WEBサイト『つかえる夫婦円満のハウツー 夫婦図鑑』で自分自身の経験をもとに、具体的な夫婦円満のためのアドバイスを公開。

 

【画像】

※ Forewer / Shutterstock