VenusTap

ちょい足しで効果UP!「ハチミツの美容健康パワー」が倍増する裏技

近年、美容や健康にいい食材として注目を集めているのが“ハチミツ”ですよね。しかし、パンに塗ったり紅茶に入れたりなど決まったバリエーションしかなく、結局飽きてしまって、使い切る前に捨ててしまう羽目になっていませんか?

先日放送された情報バラエティー『バイキング』(フジテレビ系)に出演していた平柳要医師によると、「1日スプーン1杯のハチミツが元気の源!」と言います。

そこで今回は同番組の情報を基に、気になる症状に合わせたハチミツ(ティースプーン1杯)の食べ合わせをご紹介します。

 

■1:“ハチミツ+緑茶”で虫歯&口臭予防

ハチミツには抗菌・殺菌作用があり、これが虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を防ぎます。また緑茶にはカテキンが含まれており、こちらも抗菌作用や口臭予防作用があるため、虫歯&口臭予防にダブルの効果を発揮するそうです。

 

■2:“ハチミツ+アボカド”でアンチエイジング

ハチミツに含まれているクリシンには、抗酸化作用と抗炎症作用があります。そして、アボカドには“若返りビタミン”とも言われるビタミンEが豊富に含まれており、余分な活性酸素を除去してくれます。そのためこの組み合わせは若返り効果が高いそうです。

 

■3:“ハチミツ+卵白”で美肌効果

こちらは食べるのではなく、混ぜ合わせて洗顔直後に肌に塗るパックとして使用するといいそうです。

ハチミツは果糖とブドウ糖が多くこれらが水分を吸収して保持し、クリシンの抗酸化作用でメラニンの増殖を抑えます。さらに、卵白のオボアルブミンというタンパク質が肌の古い細胞を取り除き、新陳代謝を活発にして肌を引き締めてくれる効果があるのだとか。

 

■4:“ハチミツ+大根”でのどの痛み&咳止め

ハチミツにはフラボノイド類という気管の炎症を抑え、気道を拡張してくれる働きがあります。また、大根にはジアスターゼという消化酵素が含まれおり、これが消炎作用があるためのどの痛みや咳止めに効果的だといいます。

 

いかがでしたか? ティースプーン1杯でこんなにバリエーションがあるとは、やはりハチミツの栄養効果は素晴らしいようです。キッチンの奥で眠っているハチミツを取り出して、さっそく気になる症状に合わせた食べ合わせを実践してみましょう。

 

【関連記事】

※ 肌年齢-16歳!あの有名女医が頼りにする「ハチミツの美肌力」がスゴイ

※ 焼肉の食べ過ぎを「なかったこと」に!脂質を流す魔法の飲み物とは

※ 皮膚科医が太鼓判!脂肪が減って美肌を作る「1パック120円」食材とは

※ 運動より飲み会!? 2杯飲むだけで便秘スッキリな「魔法のお酒」とは

※ エリンギすごすぎ!ダイエット効果抜群でイライラも収まっちゃう