VenusTap

靴下は逆に体を冷やす!? 医師が教える「冷え対策アイテム」2つ

この寒い時期、冷え性の女性にとって最もつらいのが“就寝時”ですよね。ベッドに入ったものの、手足が冷たくて寝られない……。布団を体に巻きつけたり、手足をこすったり、そうこうしているうちにあっという間に1時間が経過してしまうときも、あるのではないでしょうか。

そこで今回は、先日放送された『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)の情報を参考に、医師が教える“就寝時にできる冷え性対策”をご紹介します。

 

■冷え性は“筋肉のポンプの力”が弱いことで起こる

日比野佐和子医師によると「冷え性とは“筋肉のポンプの力”が弱くなることで起こる症状」だと言います。

全身に血液を巡らせているのは心臓というのはよく知られていますが、実はそれをサポートするように筋肉がポンプのような役割をして押し出しています。冷え性になると手足の先が冷たくなるのも、ポンプとしての筋肉の力が弱く、末端である手足に十分に血液が届かずに起こることなのだとか。

 

■寝るときに靴下はNG! 冷え性対策にはレッグウォーマーをつけて寝る

冷え症の人は、起きている間は温かい飲み物を飲んだり、体を動かしたりとさまざまな冷え対策をしていることでしょう。しかし、冒頭でもお話したように最もつらいのが就寝時。そんなときは、以下の2つのアイテムを使用してみましょう。

(1)レッグウォーマーを履く

「足が冷たくて眠れないから……」と寝るときに靴下を履く方は多いと思います。しかし、実は靴下を履くことで足の毛細血管を締めつけ、血流を悪くしてしまいます。これは冷え性対策としては逆効果。

また足の裏は、体温調整のために汗をたくさんかく部分。靴下を履いて寝ると汗で湿気がこもり、さらに冷え性が進む恐れがあるのだとか。

そこで、日比野医師がオススメしていたのが“レッグウォーマー”。足先は出した状態で、第二の心臓であるふくらはぎの筋肉を温めることで、筋肉のポンプの働きを助けることができるそう。

実際に同番組の研究で、就寝時に靴下を履いた場合は起床時も足先が冷えたままでしたが、レッグウォーマーを履いた場合には起床時に全身の体温が上がり、血行が良くなるという結果になりました。

(2)腹巻をつける

お腹には腹部大動脈といって太い血管が走っているため、体をすぐに温めることにつながるそう。「腹巻はダサい……」と思ってしまいますが、現在はネット通販などでも可愛いデザインのものが売っているのでチェックしてみましょう。

 

いかがでしたか? レッグウォーマー&腹巻を使用して、夜になると一段と寒くなるこの時期も快適に眠れるようにしましょう。

 

【関連記事】

※ 体温35度台はヤバイ!ガンを招く「内臓型冷え性」カンタン改善策3つ

※ 焼肉の食べ過ぎを「なかったこと」に!脂質を流す魔法の飲み物とは

※ 梨花も愛用!がん予防に美容に優れた効果「奇跡のハチミツ」とは

※ がん予防にスゴイ効果!「最強の抗酸化成分」が発見された野菜とは

※ 皮膚科医が太鼓判!脂肪が減って美肌を作る「1パック120円」食材とは

 

【画像】

※ SAQUIZETA / Shutterstock