VenusTap

マドンナや楊貴妃も愛用「スーパーフード・クコの実」のすごい力とは

先日の来日ライブで、圧巻のパフォーマンスを見せたマドンナ。開始が2時間も遅れたため、一部ファンからは不満の声も出たものの、50代半ばとは思えない美貌と、圧巻のパフォーマンスで、観客に高い満足感を与えました。

そんなマドンナが、美容と健康のために愛用しているというのが、クコの実(ゴジベリー)。

実はクコの実は、“飲む目薬”という別称を持つほど健康効果にも優れています。そのパワーを早速紹介しましょう。

 

■そもそもクコの実って何?

杏仁豆腐の上によくトッピングされている赤い実が、クコの実です。少し甘みがあるため、デザートの他、火鍋や炒めものなど中華料理に広く使われています。近年の“スーパーフードブーム”も追い風となり、早速購入したという女性もいるのではないでしょうか。

クコの実は、中国で昔から漢方薬として使われてきた歴史があり、あの世界三大美女の楊貴妃も美容のために毎日欠かさずに食べていたそう。

ビタミンC、ポリフェノール、カロテノイドなど強い抗酸化力を持つ成分が豊富に含まれているため、肌老化の予防と改善が期待でき、高いアンチエイジング効果を発揮します。

 

■クコの実が“飲む目薬”と呼ばれる理由

仕事でもプライベートでも、パソコンやスマホが生活に欠かせない現代人。いつも目が疲れていて、夕方になると疲れから痙攣する……なんて人もいるのでは? そんな疲れ目に悩む人に、最適な美容食材が“クコの実”なんです。

豊富に含まれる“βカロテン”や“ゼアキサンチン”という成分には、目の緊張を和らげたり、目の網膜を保護したりする効果があるとされています。結果として視力低下の抑制効果、白内障の予防、緑内障の予防に効果的と言われているのです。

 

■食べ過ぎには注意

美容・健康に良いと言われているクコの実ですが、漢方でも用いられるほど身体への影響力が大きい食材です。食後に体に違和感がある場合は無理に食べず、必要があれば医師に相談しましょう。また、妊娠中・授乳中の女性にはキケンな成分も含むため、摂取は避けたほうがいいようです。

1日の摂取量は10~20粒とされています。もちろん食べ過ぎは当然カロリーオーバーになってしまいます。たくさん食べれば食べるほど良いというわけではありませんので注意しましょう。

 

以上、クコの実の美容効果と、食べる時の注意点についてご紹介しました。ドライフルーツとして、気軽につまめるのが魅力的な“クコの実”。ぜひデスクやカバンに常備してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

春までに痩せる!若返りや便秘にも効果的な「一石三鳥食材」とは

カビ臭や納豆臭がぷぅ~ん…知らずに体臭キツ子になってる悪習慣4つ

歯科衛生士は見た!デンタルフロス苦手女子がやりがちなNG行為3つ

同窓会で92%が劣化チェック!藤原紀香が語る40代がやるべき美容法とは

梨花も愛用!がん予防に美容に優れた効果「奇跡のハチミツ」とは