VenusTap

食べる保湿クリーム!? 医師が教える「乾燥肌がプルンと潤う食べ物」

この時期になると、気になることといえば“乾燥肌”ですよね。乾燥肌予防には保湿クリームを塗るなど、外側からのお手入れが定番です。しかし、保湿クリームをいくら塗ってもカサカサ感が改善されずに、悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、先日放送された『解決スイッチ』(テレビ東京系)の情報を参考に、チーズの乾燥肌予防についてご紹介します。

 

■乾燥肌予防には“ナチュラルチーズ”がいい

皮膚科医の野村有子医師によると「乾燥肌予防は食べ物からもできる」と言います。そこでオススメなのが“チーズ”なのだとか。チーズといえば、カマンベールなどのナチュラルチーズとプロセスチーズという2種類があります。この2つには以下にような違いがあります。

(1)ナチュラルチーズ

長期保存には向きませんが乳酸菌が生きており、ビタミンB2が豊富に含まれています。

(2)プロセスチーズ

長期保存させるために、上記のナチュラルチーズに熱処理を施しています。乳酸菌がおらずビタミンB2が少なめですが、タンパク質が豊富です。

野村医師は「乾燥肌にオススメなのはナチュラルチーズ」だと断言します。

 

■ナチュラルチーズに含まれるビタミンB2が皮脂バランスを調整する

なぜ乾燥肌にはナチュラルチーズが良いのかというと、それはナチュラルチーズに豊富に含まれるビタミンB2が関係しているそうです。

皮膚表面を潤わせている膜を“皮脂膜”といい、皮脂腺という分泌腺と汗が交じり合ってできています。健康な肌はこの皮脂膜が水分の蒸発を防いで潤いのある状態にしていますが、乾燥肌は皮脂分泌のバランスが乱れ、皮脂膜から水分が蒸発して潤いがなくなることで起こります。

そんな皮脂膜を調整してくれるのがビタミンB2です。脂は少なすぎても乾燥肌になりますが、逆に多すぎてもベタベタしてテカってしまい、肌荒れの原因にもなります。ビタミンB2はそれを補ったり、調整してくれたりする働きがあります。

 

■白ワインとあわせて、より美肌に!

ナチュラルチーズはといえば、ワインを思い浮かべますよね。「運動より飲み会!? 2杯飲むだけで便秘スッキリな“魔法のお酒”とは」でもご紹介したように、白ワインには便秘解消効果があります。

便秘解消されることで、老廃物が排出されて美肌になれるという嬉しい効果がありますので、ナチュラルチーズと一緒に摂って、美肌&乾燥肌予防というダブルの効果を目指してみてはいかがでしょうか。

 

ナチュラルチーズは乾燥肌だけでなく、皮脂の過剰分泌にも効果的だそう。冬だけではなく、これからテカリが気になりだす春や夏などにも食べていきたいところです。自宅でのおやつ、飲み会でのおつまみ、さまざまなところでナチュラルチーズを食べて、肌悩みのない肌にしていきましょう。

 

【関連記事】

※ 知らないと赤っ恥!通と思われる「ワインとチーズ」の組み合わせ

※ 皮膚科医が太鼓判!脂肪が減って美肌を作る「1パック120円」食材とは

※ 焼肉の食べ過ぎを「なかったこと」に!脂質を流す魔法の飲み物とは

※ 梨花も愛用!がん予防に美容に優れた効果「奇跡のハチミツ」とは