VenusTap

狩野英孝も!? 医学的根拠あり「女好きはインフルエンザになりやすい」

ベッキー騒動や狩野英孝の6股疑惑など、最近の芸能界は浮気ネタでもちきり。だんだん「うちの彼氏は大丈夫かな」と不安になってきませんか?

急に残業が増えた、スマホを手放さなくなったなど、浮気のサインはさまざまありますが、医学的には“女好き”が体に表れてしまう隠しきれないサインがあるようです。

今回は、2月21日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(日本テレビ系)より、森田豊医師が解説した“女好きのサイン”をご紹介します。

 

■衝撃の事実……女好き男はインフルエンザにかかりやすい!

なんと! 森田豊医師によれば浮気しやすい男性、つまり“女好きの男性はインフルエンザにかかりやすい”そう。あなたのパートナーは、毎年のようにインフルエンザにかかっていませんか?

その理由は、男性ホルモンに隠されているそう。「浮気しやすい男性は、男性ホルモンが多く分泌される傾向があり、男性ホルモンが多くなると免疫力が低くなる」と森田医師はいいます。

男性ホルモンと免疫の関係は、米スタンフォード大学、フランス国立保健医学研究所などの研究者からなる研究チームが、2013年に『米科学アカデミー紀要(PNAS)』に発表済み。

同研究チームは、インフルエンザワクチンの免疫反応に関する研究を行いました。結果、A型のH1N1亜型以外のインフルエンザにおいて、男性の方が女性よりも免疫反応が弱い、つまりインフルエンザにかかりやすいことが判明。

免疫反応が弱い男性はテストステロン値(男性ホルモン)が高く、テストステロン値が低い男性の免疫反応は女性と同程度という結果になりました。

インフルエンザにかかりやすい彼氏・夫がいる方は、しっかり見張っておいた方がよさそうです。

 

■右手を見れば男性ホルモンの量がわかる

インフルエンザ以外に、男性ホルモンの量を計る方法を知っておきましょう。英国リバプール大学のジョン・マニング博士が始めた研究によれば、右手の薬指の長さで男性ホルモンの量がわかるとされています。

右手の薬指が人差し指よりも4mm長ければ、男性ホルモンの量は平均的。しかし4mm以上長い男性は、男性ホルモンが普通より多いそう。早速、パートナーの右手をチェックしてみて!

 

今年1月末には、体調不良で「インフルエンザじゃありませんように」とツイートしている狩野英孝。インフルエンザだったなら、“インフルエンザ=女好きのサイン”という研究結果の信憑性が増しそうです。パートナーに過去に何度インフルエンザにかかったことがあるか、ぜひ聞いてみてくださいね。

 

【画像】

※ YOKOHAMA – OCTOBER 10:  Japanese commedian Eikou Kano holds Robo Garage’s Chroino during the Robo_Japan 2008 Press Preview at Pacifico Yokohama on October 10, 2008 in Yokohama, Kanagawa, Japan. World leading partner robots are displayed during the 3-day exhibition until October 13.  (Photo by Junko Kimura/Getty Images)

 

【関連記事】

今度こそ幸せな恋を!驚異の的中率「六芒星占術」がすごい[PR]

※ 実はすごく愛されていた!女性が気づかない「男性の愛情表現」7つ

※ 当てはまったらハイ次っ!あなたと「絶対結婚しない」男の特徴5つ

※ 平子理沙も!? 「どんなに美人でも男が浮気したくなる」NG妻の特徴2つ

※ え…そんなことで喜ぶの!? 男が「最高に妻の愛を感じる」瞬間とは