VenusTap

必ず次の約束ができる!2回目のデートを取り付ける魔法のセリフ3つ

皆さん突然ですが、まだ付き合う前のデートでは何が大切だと思いますか? 絶対に大切にしたいのは、“デート中に次の約束を決めちゃう”ってことです。

付き合っていれば、気軽に連絡を取って待ち合わせを決められますが、付き合う前だと「次はどっちから誘う?」「どこに誘う?」などと、駆け引きが生じてしまいます。ヘタをするともう会えないコトも!

そこで、今回は恋愛催眠術師の筆者が、デート中に次の約束が決まっちゃう言葉テクを3つ紹介します。

 

■1:「ねえ、○○行きたくない?」

○○に入れる場所を選ぶ際に注意したいのは、相手が本当に行きたいと思うような場所を選ぶこと。

例えば、相手がカフェ好きなら話題のカフェ。映画が好きなら、公開間近や公開したばかりの映画。相手が「行きたい」と言えばしめたもの、「じゃあ一緒に行こうよ! いつ行く?」とその場でスケジュール帳を取り出して、予定を決めましょう。

ほとんどの場合、これで断ることはできません。まれに「エッ、今決めるの?」なんて言い出すトンチンカンもいますが、「うん、今」とリードすれば良いだけです。それで断られてしまったら、それは脈なしですね……。

 

■2:「○○行きたいんだけど、一緒に行ってくれないかな……」

こちらはストレートに、あなたが行きたい場所を前面に出す方法です。しかし○○についてはやはり、相手も行きたいと思うようなところを提案するのがベストでしょう。

古典的なお誘いテク“テーマパークのチケットが余った、もらった”などもこの類型です。「チケット2枚もらったんだけど、一緒に……」というパターンですね。

 

■3:「○○ってすごく楽しいんだって!」

“友人から聞いた”、“雑誌に載っていた”など、伝聞形式で何かの楽しさを伝え、そこから話を発展させて、一緒に行く方向に持っていくパターンです。

「行ったことある?」と聞いてみて、Yesなら「いいな~、私も行きたい」、Noなら「一緒に行かない!?」と提案してみます。

相手の男性も、行ったことがなければ興味がわくし、行く相手が取り合えずあなたしかいないなら、次の約束をあなたとするのも、「まあ、いっか……」と思うのです。

 

次の約束を取り付けるには、うまく目的地を作ってしまうことが大切! 魅力的な目的地と、その場のテンションの双方が、次の約束を作るんです。

さらに、次の約束、またその次の約束、そしてお付き合い……とつなげていくためには、あなた自身が魅力的な女性であることも重要です。次は彼からお誘いを切り出してくれるように、日々のお手入れも内外ともに怠らず行うようにしましょうね。

 

【関連記事】

出会いをつかもう!春までに「-3.2キロの痩せ体質」を目指す簡単テク[PR]

※ 俺と結婚して!プロポーズされた女性が「男性に見せていたもの」2つ

※ え…尽くしちゃダメ!? 専門家が指摘「男がすぐ飽きちゃう女性」の特徴

※ 既読スルーにもう悩まない!男性が思わず返信したくなるLINEテク

※ 朝からゴメンね…は非モテ!? 脳科学者による「男を落とすLINEテク」

 

【画像】

※ Svitlana Sokolova / Shutterstock