VenusTap

2位貧乏ゆすり…男性が「育ち悪そう」とドン引きする女性の行動1位は

男性は女性に対して、“おしとやかで可憐な生き物”という幻想を抱いています。それが事実かはさておき……だからこそ、女性の下品な姿を見るとそれだけで、“百年の恋も冷める”なんていうことが起きます。そうならないためにも、男性にとってのNG行動をしっかりと把握して回避していきたいところ。

そこで今回は、男性会員7割が東大早慶卒業生の結婚相談所『アニバーサリーパートナー青山』を運営し、日頃、数多くのカップルを誕生させている同社代表取締役・真央侑奈さんに、男性に「育ちが悪い」と思われてしまう女性の行動をお伺いしました。

 

■4位:TPOをわきまえずに大声で喋る

電車などの公共の場にいるとき、物静かな雰囲気のいいレストランにいるときなどに大声で喋る。「周囲を気にせず空気を読めない人は、それだけで育ちが悪い印象に見られる」と言います。

どんなに言葉遣いを丁寧にしても、声が大きいだけでガサツに見えてしまうのも事実。時と場所をわきまえて、声のトーンを考えるクセをつけましょう。

 

■3位:大きな口を開けて、大声で笑う

どんなに美人でおしとやかでも、笑うときに大きな口を開けて大声で「ギャハハハ!」と笑っていたらそれだけで、品位の欠片もない印象になってしまいます。また同様に、手を叩いて笑うのも下品な印象を与えます。

「育ちは笑い方に反映される」と言い、「よし変えよう!」と思っても、すぐに変えられるものではありません。普段から笑うときは手で口を押さえるなど、所作を身につけていきましょう。

 

■2位:貧乏ゆすりをする

男性と喧嘩をしたとき、レストランで順番待ちをしているときなど、何かイライラすることがあったときに、気づかずに貧乏ゆすりをしてしまう女性は意外と多いもの。「そういえば、脚を組みながらカタカタカタと揺り動かしていることあるかも……」とドキッとした方もいるのでは?

「一緒にいて貧乏ゆすりをされると不快に感じるだけでなく、“短気”、“育ちが悪い”というマイナスな印象を与えてしまう」と言います。絶対にしないようにしましょう。

 

■1位:言葉遣いが悪い

あなたも、若い世代の女の子が「マジキモいんだけど」「ちげーよ!」など言っているのを見て、「そんな言葉遣いだと魅力半減なのに……」なんて思った経験があるのではないでしょうか?

言葉遣いが悪かったり口調が荒かったりすると、それだけで育ちが悪いと思われてしまいます。しかし、これは若い世代に限ったことではありません。

大人世代でも美味しいものを食べたときに「ヤバい!」、おもしろいとき「ウケる」など小さな言葉遣いの悪さは随所に出るもの。魅力が半減しないように、発する言葉には注意しましょう。

 

いかがでしたか? このランキングをしっかりと把握して、これらの行動は絶対にしないようにしましょう。

 

【関連記事】

愛されボディに!我慢ゼロで「-3.2キロの痩せ体質」を目指す簡単テク[PR]

※ 内心イラッ!専門家が教える「男が既読スルーしたくなるLINE」とは

※ この2つで脈あり決定!専門家が伝授「男が好きな女にだけすること」

※ 既読スルーにもう悩まない!男性が思わず返信したくなるLINEテク

※ 対象外な女だったのに…専門家が教える「男性が落ちる行動」4つ

 

【取材協力】

※ 真央侑奈・・・東京・表参道駅前にある、医学部歯学部団体・東大OB、慶大OB、早大OBにより創立された結婚相談所『アニバーサリーパートナー青山』の代表取締役。これまで2万5千人もの恋愛・結婚の相談に乗り、そこから編み出した幸せな結婚に至る黄金律で、数多のカップルを成婚に導いている。

 

【画像】

※ pathdoc / Shutterstock