VenusTap

非モテ確実!? 整理ができない人のイメージ2位は「仕事が雑」1位は…

あなたの職場の机の上は、書類はバラバラでペンやクリップが散乱し、飲み終わったジュースの空き缶がいつまでも置かれている……こんなことになっていないだろうか? もし当てはまるのならば、周囲から白い目で見られているだけでなく、会社での評価も悪くなっている可能性がある。

そこで今回は、文房具ブランド『noie-style』が全国の21歳~49歳までの男女500名に行った「整理整頓に関する調査」をご紹介しよう。

 

■整理整頓ができない人は、“不潔”“仕事ができない”というイメージ

「整理整頓ができていない人」のイメージを聞いたところ、以下のような回答になった。

1位:ずぼら(64.0%)

2位:仕事が雑(61.4%)

3位:仕事が遅い(36.4%)

4位:不潔(33.8%)

5位:仕事ができない(27.4%)

整理整頓ができていないと、「別に自分は困ってないし」とか「人には迷惑をかけてないし」などと思ってしまう人がいるだろう。しかし、TOP5を見ただけでもこれだけ周囲からマイナスのイメージを抱かれていることがわかる。

また過去記事「女性経営者が教える!仕事ができても評価されない人のNG行動4つ」でも紹介したように、家だけでなく職場でも整理整頓ができていないようであれば、普段の仕事ぶりが真面目でも、上司や経営者にダイレクトに「仕事ができない」と認定されてしまうこともある。

さらに、仕事に関することだけではない。整理整頓ができないと、女性にとっては致命的である“ずぼら”、“不潔”といったイメージを持たれてしまうことも判明。いくら外見が魅力的でも、職場の机はグチャグチャ、家に遊びに行けば脱ぎ散らかした洋服が散乱しているようでは、男性に「魅力半減……」だと幻滅されてしまう可能性もある。

 

■断捨離で身のまわりを綺麗にして、好意的な目で見られよう!

上記とは対照的に同調査にて「整理整頓ができている人のイメージは?」と質問したところ、ポジティブな意見が多く見られた。「仕事ができる」「清潔」の他に、中には「痩せている」「モテる」といった意見も。このことからも、整理整頓ができる人は周囲から尊敬の眼差しを受け、好意的な目で見られることがわかるだろう。

しかし、急に「よし! じゃぁ私もこの機会に心機一転して整理整頓のできる人間になろう」と思っても、何をどこから始めたらいいかわからない人もいるだろう。

そんな場合は、「汚部屋は太るとの研究発表!片付けで痩せた勝間和代の“断捨離テク”」を参考に、まずは必要なものと不要なものを分けて断捨離をしてみよう。これだけで、驚くほど身辺はサッパリするはずだ。

 

整理整頓ができないことが、これだけマイナスのイメージを持たれていたとは驚きではなかっただろうか? 新生活が始まる4月。この機会に職場の机やロッカー、自宅も綺麗に片づけて、周囲から好意の目で見られたいものだ。

 

【関連記事】

ポチャ子必見!我慢ゼロで「-3.2キロの痩せ体質」を目指す簡単テク[PR]

※ たぷたぷ脂肪と汚部屋イッキにサヨナラ!一石二鳥の「やせる掃除術」

※ 女子力爆アゲ!1本で家中ピカピカ「お掃除アロマスプレー」の作り方