Itmama

夫に恥をかかせちゃうかも…?「夫・旦那・主人」の上手な使い分けテクニック

source:https://pixta.jp/

みなさんは普段、人前で旦那さんのことを、どのような呼び方で呼んでいますか? 「夫」、「旦那」、「主人」の使い分けは、なかなか難しい問題でもありますよね。育児休暇が明けて職場復帰されたママなどは、まだ慣れない環境で思わずウッカリ、なんてこともあるかもしれません。

間違った使い方をしてしまうと、夫に恥をかかせてしまうことにも……。

そこで今回は、夫も喜ぶ“夫、旦那、主人”の使い分け方を紹介します。

 

対等な相手には「旦那」

まず、“旦那”という呼び方は、友達や同僚などのごく親しい相手に使うものでしょう。友達との会話の中で夫の話をするときに、「うちの旦那がね」と使ったり、友達に夫を紹介するときに、「うちの旦那です」などと使うのが一般的ですね。

利害関係や上下関係がなく、対等な立場でフランクに話せるような相手のときは、「旦那」と呼ぶのが最適です。夫の愚痴を言うときなどにもよく使われる呼び方なので、それだけ打ち解けた相手に使うものだと言えるのではないでしょうか。

 

目上の人には「主人」

「主人」は、目上の人や初対面の人に対して使うものでしょう。夫を立てて妻が一歩下がっているような印象にもなるので、そういったイメージで見られたい場面では使うべきでしょう。

例えば、夫の会社の上司に会ったときなどは、ちゃんと「主人」と呼ぶようにすると、「夫をしっかりと支えるきちんとした奥さん」という印象を与えられますし、夫自身も“できた妻”だと安心できるし、鼻高々な気分にもなってくれるはずですよ。

 

オールマイティーな「夫」

一番オールマイティーなのが“夫”でしょう。旦那と主人の中間にあるような呼び方で、どんな場面にもマッチするし、マナー違反などにもなりにくいです。困ったときは「夫」と言っておけば、特に大きな問題などにはならないと言えるでしょう。

“旦那”ほどくだけてはいないけれど、“主人”ほどかしこまってもいないので、公の場でも使えますし、上下関係などがなければ、年上の人に対して使うこともできる呼び方ですよ。

[nextpage title=”夫が嫌がります!妻がやりがちな「呼び方」の注意点”]

夫が嫌がります!妻がやりがちな「呼び方」の注意点

男性からすると、どの呼び方がいいというこだわりは、そんなに強くは持っていないと思います。ただ、目上の人や上司の前では、やはり“主人”や“夫”を使ってほしいはずです。上司の前で「うちの旦那が」などと言われたら、恥をかかされたとがっかりされてしまいますよ。

あと、家の中で呼んでいるあだ名や変わった呼び方などで外でも呼ばれることは、男性はとても嫌がります。いつも使っている呼び方なので、つい口を滑らせてしまいがちですが、その点だけは注意してください。ましてや、会社の人の前などで変なあだ名で呼んだりしたら、男性の面目は丸つぶれですよ。

夫に恥をかかせるような呼び方をしてしまうと、安心して人前に出すことができない妻だと思われてしまうので、最低限のマナーだけは守るように心がけましょうね。

 

【画像】

※ xiangtao / PIXTA