VenusTap

あー嫁選びミスった…「夫の心がドンドン離れていく」妻のNG行動

夫から愛想をつかされて離婚を言い渡された……。こんな話を身近で一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 夫といつまでもラブラブ夫婦でいたいのなら、“やっていいこと”と“やってはいけないこと”をしっかりと把握していきたいところ。

そこで今回は、夫の気持ちがわかる夫婦再生カウンセラーとして名高い下木修一郎さんに、“夫の心が離れていく妻のNG言動”をお伺いしました。

 

■夫の夢を否定するのはNG

恋人時代は男性が「僕にはこんな夢があるんだ」なんて言えば、目を輝かせて「ステキ!」なんて思っていたはず。なかにはその夢を叶えるべく、応援したり協力したりしていたのではないでしょうか?

しかし、結婚をすると女性は突如として“安定”を求めますよね。

それゆえ、夫が「いつかは今の会社をやめて、独立して自分の会社を持ちたい」「脱サラして自営業になりたい」なんて言い出した日には、頭がクラクラして「お願いだからやめて!」なんて思って、「あなたには無理よ」などと言いがち。

しかし、自分の夢を否定されるのは自分自身を否定されているのと同じです。とても傷つきますよね。

 

■夫の夢を否定すると、妻に心を開かなくなる

ところが、優しい夫は困ったことに「そうだな。俺には無理だな」なんて言うのです。それを鵜呑みにした妻は「夢を抱くなんてこの人はまだまだ幼稚。ちゃんと私がコントロールしないと!」と思い、上から目線で接するようになります。

これを繰り返すと夫は、心を開けなくなってしまい、思っていることを言えなくなってしまうのです。

男性にとって、夢がなければ生きていけないものです。そのため、なかには家庭よりも夢を優先して「夢を叶えたい……」と離婚を申し出る男性も。男性の夢をやみくもに否定しても、家庭生活において良いことはなにもないと思いましょう。

ただ否定するのではなく、「独立が失敗しても生活していけるお金が貯まるまでは、今の仕事を続けて」など、きちんと未来の設計図を2人で決め、家庭生活を守りつつ、夫の夢を応援できる妻になることが最高の妻になる秘訣です。

 

■夫の家族や母親を非難するのは厳禁

夫の家ではよそ者扱いされて、嫌味を言われたり、イジメられたり……姑に嫁いびりされている女性も多いでしょう。

しかし、だからといって夫に対して「お義母さんって本当にムカつく!」「もう関わりたくない!」なんて言うのは、絶対にやめましょう。その場では「まぁまぁ」と言っていても、夫の胸中はぐちゃぐちゃです。

男性は、自分の家族、とくに母親を非難する人間に無条件に敵対心を持ってしまいます。

夫も、自分の家族が妻にヒドいことをしているのは、多くの場合理解しています。だからこそ、文句も言わずに我慢してくれている姿に、「自分が守らないと!」と思うものなのです。

嫁姑関係で賢く立ち振るまえる妻こそが、愛される妻への大きな一歩だと思いましょう。

 

■夫からの外出の誘いに付きあわない

妻は掃除、料理、育児……と24時間365日働きづめになってしまいますよね。だからこそ、時間があったらグデーッとしたいという人は多いでしょう。

一方で夫は、土日は追われるものがないから元気いっぱい。妻に対して「ねぇねぇ。遊びに行こうよ!」など呑気に誘ってくるでしょう。

こんなときに「ひとりで行ってきなよ」なんて誘いを断り続けると、寂しさからもう誘わなくなります。あなただって友達を遊びに誘っても断り続けられたら、やがては疎遠になっていきますよね。

すぐに心が離れるわけではありませんが、繰り返し行ってしまうと関係は確実に冷えます。たまには夫婦で外出しましょう!

 

今回は、夫の心が離れていく妻の言動をご紹介しました。この3つに気をつけて、夫の愛が冷めないようにしましょう。

 

【関連記事】

過保護なケアは汚肌に…!? プルツヤ美肌をつくる「意外なポイント」3つ【PR】

※ 一緒に映画を観るだけ!「離婚率が半減」笑うほど簡単な夫婦円満テク

※ 結婚後に男が無口になる理由が判明!夫婦の会話が弾む超簡単なコツ

※ 2位体臭より赤っ恥!「人に指摘されたらショックなこと」1位は…

※ 平子理沙も!? 「どんなに美人でも男が浮気したくなる」NG妻の特徴2つ

 

【取材協力】

※ 下木修一郎・・・夫の気持ちを知る男性夫婦カウンセラー。1000人を超える夫との関係に苦しむ妻たちの悩みを聞き解決へと導く。結婚の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらいたいと、WEBサイト『つかえる夫婦円満のハウツー 夫婦図鑑』で自分自身の経験をもとに具体的な夫婦円満のためのアドバイスを公開。夫ともっと幸せになりたい女性必見の『夫のうれしいがわかる動画レッスン』も絶賛公開中です。

 

【画像】

※ 【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA(ピクスタ)