VenusTap

ママ友の目が気になる…!「いいママ」でいるためのウイルス対策法とは

PR

子どもが大人と離れて遊ぶようになり、親の負担やママ友付き合いも減るかと思えば、PTAや行事など、ママ友付き合いで大忙し!なんてママも多いのではないでしょうか?

そしてママ友との会話で必ずと言ってもいいほど話題になるのが、“教育”や“育て方”について。「誰よりも良いママでいたい!」と、ついつい周囲の目線を気にしてしまいますよね。そんなあなたにオススメのアイテムをご紹介します。

 

■気を付けて! ウイルスや菌が繁殖しやすい時期

私たちの周りには、目に見えないだけでウイルスや菌がいっぱい潜んでいます。その中でも一部のウイルスや菌は悪さをすることがあるので、小さな子どもや家族の健康を考えるママにとっては、心配の種ですよね。

これからのシーズンになると、特に気になりだす人も多いのではないでしょうか?

「うがいや手洗いを徹底すれば大丈夫だよね……?」という油断は厳禁! 部屋の中にウイルスや菌がいれば、いくら外出先から帰宅してうがいや手洗いしても、またウイルスや菌を吸い込んだりして体の中に入ってしまうことに……。

 

■ウイルス除去・除菌には必須アイテムがあった!?

「部屋の中のウイルスや菌なんて考えたこともなかった……」、「じゃあ、もう諦めるしかないの?」と、不安になってしまうママも多いはず。

でもご安心ください。ウイルス除去・除菌には“二酸化塩素分子”がオススメ。ウイルス、菌、ニオイを除去し、カビの生育を抑制します。

特にオススメは、二酸化塩素分子を主成分とし、“濃度を長期的に安定させる”特許技術を持った大幸薬品の『クレベリン』という商品。

(特許登録番号:特許第3110724号)

 

■一例としてクレベリン ゲル利用者の声をご紹介!

<クレベリン ゲルを置いてからの1カ月・・・ 年末年始、かなり冷え込む日が多かったのですが、家族全員体調を崩さずに済みましたーー>※1

<どんな場所でも置きやすいサイズがいい。臭いもそれほど気にならず。職場にもっていくようにも購入♪>※1

このように、『クレベリン ゲル』を使ってみた方の声からも「ママの冬の必須アイテム」として注目されているのもわかりますよね。

 

■実際、どのようにクレベリンを使えばいいの?

普段の生活の中にどのように『クレベリン』を取り入れればいいかわからない……という方のために詳しくご紹介!

『クレベリン』は、病院や介護施設、ホテルなどでも幅広く使用されているほどの実績があります。ですが、使用方法はとても簡単ですし、用途によって種類も選べるんですよ。

ここでは『クレベリン スプレー』をご紹介します。

<クレベリン スプレー>

空間(※2)や物体などの気になるところのウイルス・菌・ニオイを除去したいときは、『クレベリン スプレー』がオススメ。 玄関やトイレなど、空間中のウイルスや菌が気になる場合は、空間中にシュッとスプレー!

(ご使用の目安)1畳あたり1プッシュ ※クレベリン スプレー300mlの場合

テーブルや手すりなど物体に付着したウイルスや菌には、クレベリン スプレーをシュッとふきかけ、布やペーパータオルでサッと拭きとればOKです。

こちらも使い方は簡単で、付属のトリガーを取り付け、気になるものや空間にスプレー!外出先でも使える携帯用の『クレベリン ミニスプレー』もあります。

 

ウイルス除去・除菌と聞くと難しそうなイメージを持ってしまいますが、『クレベリン スプレー』が心強い味方になりそうなことはわかりましたね。

この冬は、愛する家族のためにも常備してみてはいかがでしょうか? 忙しいママのストレスもウイルスと一緒に、ふっ飛ばしてくれるかも!

そのほかに置き型タイプのクレベリン ゲルやペンタイプもあります。

 

【参考】

詳しくはこちら

クレベリン

http://www.seirogan.co.jp/cleverin/

※1 個人の感想です。効果を保証するものではありません。

※2 大幸薬品試験

閉鎖空間でクレベリン スプレー噴霧により、空間中の二酸化塩素が特定の「浮遊ウイルス・浮遊菌」を除去できる濃度になることを確認。

ご使用になる広さ、使用状況により効果は異なります。

すべてのウイルス、菌を除去するものではありません。

 

【画像】

※ Antonio Guillem / Shutterstock

Sponsored by 大幸薬品株式会社