Bizlady

見られてます!職場男子が「意外と太ってる…」疑惑をもつ危険コーデ4つ

オフィスに着ていくファッションのせいで、「あの子、意外と太ってるよなー」って思われてしまったら、ショックですよね。

本人的には太って見えると思っていなくても、男性の視線は意外と細かい部分にまで向いているものです。

モテ狙いではなくとも、ドン引きされるファッションだけは避けたいところ。

そこで今回は、時短美容家の筆者が、オフィスに着ていくと一発で男性が「意外と太ってる!」認定しちゃう危険なファッションを4つご紹介しましょう。

 

■1:ボタンを留めるとパツパツのシワが出るアウター

ほっそりシルエットのジャケットの中には、ジャストサイズで購入するとボタンを留めた時にシワが出るアイテムも。

そういうシルエットが完成形であっても、男性から見ると「うわー。ムチムチ……!」という感想を持たれることも多々あるんです。

ポチャ見えは、視覚の印象が大きいので「これはMサイズじゃなく、Sサイズだからなのよ!」というココロの叫びは届きません。

シワが寄ってしまうジャケット類は仕事をしていても窮屈感がありますから、変な見栄を張らずにワンサイズアップしたほうが細見えを狙える場合もあるんです!

 

■2:後ろ姿でお尻や太ももがパツパツのボトムス

オフィスで意外と見られているのが、後ろ姿。コピーをとったり、トイレに行くために歩いたりしている場面では、デスクに座っている男性の目線に女性社員のお尻がくることも珍しくありません。

そんなシーンで、パツパツに張っているバックスタイルを目撃されてしまったら……!

たとえストレッチが効いている素材で完成系が“パツパツスタイル”だったとしても、男性陣からは「意外とお尻デカイんだなぁ」なんて誤解を受けることも……。

太ももが張っている印象もポチャ見えの典型ですから、パツパツシルエットになるパンツだけでなくスカートも、オフィスでは控えたほうが無難かもしれません。

 

■3:ブラ紐が背中に食い込んでいるシルエットが出ているトップス

バストサイズは、ちょっとした体重の変化や体調によっても多少の変動があるものです。

なので、暴飲暴食をしてしまった後にいつも通りにブラをつけていると、背中に食い込んでしまう事態も起こりがち!

そして、ピッタリ系のトップスを着ているとどうしても目立つのが、後ろ姿のブラジャーラインなんです。

デスクで猫背になってしまっている瞬間に、後ろを通り過ぎた男性社員からギョッとされるパターンは意外とありがち。まるで焼き豚やボンレスハム……というぐらい、ムチムチしている印象を与えるので気をつけたいですよね。

ホックの位置を変えるだけでも、スッキリした後ろ姿になりますので意識してみてください。

 

■4:お腹のお肉が乗っかるボトムス

普段はスッキリとしたお腹でも、ランチの後だけは話が別!という女子もいるのではないでしょうか?

ウィークディはお昼ご飯を食べた後も仕事がありますから、お肉が乗っかってしまうボトムスを着ていくと一発でポチャ子認定されてしまうリスクが高まります。

とくに、デスクワークだと座っているだけでお腹のお肉が目立つ姿勢に。ランチ後のぽっこりお腹を目撃されないためには、トップスをアウトできるスタイルにしておくほうが無難なのかもしれません。ワンピースや長めのトップスも重宝します。

 

以上、男性が「意外と太ってる!」認定しちゃう危険なファッションでしたが、いかがでしょうか?

オフィスシーンで不本意な“ポチャ見え”をしていたら、悲しいですよね。

想定外にドン引きされてしまうことのないよう、着ていく洋服のシルエットにはじゅうぶん注意を払いたいものです。

心当たりがあったかたは、不名誉な認定をされないよう、ファッションに気をつけてみてくださいね。