VenusTap

チャンスを逃さないで!突然起こる「運命の出会い」サインに気づく秘訣は…

PR

秋も深まり、冬の訪れももうすぐ。だんだんと肌寒い日が増えてきましたが、皆さんは目前に迫ったクリスマスや大晦日を一緒に過ごす相手が決まっていますか?

彼氏イナイ歴●年で「今年もまた1人……」とため息をつくあなた。諦めるのはまだ早いですよ!

意外な出会いがあなたを待つ可能性だって十分にあります。今回は、平凡な毎日の中で突如恋愛のチャンスが訪れ、ついに素敵な恋人をゲットしたY子さん(29歳)の体験談をご紹介しましょう!

 

→早速素敵な恋人をゲットする方法が知りたい方はこちら

 

■彼氏イナイ歴3年・Y子さんが恋人を見つけた方法とは

3年前彼と別れたY子さんはその後恋愛氷河期に突入。「周りに結婚する友達も増えてきて、自分の将来が心配になってきました」と話します。出会いを探そうと合コンや街コンに積極的に参加しても素敵な男性など皆無。絶望感だけが募ったそうです。

「もう何をしても無駄。流れに身を任せるしかない」Y子さんはそう思い、出会いを探すのも諦めていました。

そんな時、友達が「怖いくらい当たるから、試してみれば」と教えてくれたのが、『みんなの占い』。

「ええっ、占い!?と一瞬思ったんですが、ネットでのレビューも評判が良く、自分の将来も判るかも、と希望を抱いてメールを送りました」とY子さんは話します。

ところが……!

返って来たメールをドキドキしながら読むと、そこには「あなたを幸せに導くのは幼なじみの存在です。きっと素敵な家庭を築くことが出来ます」と書かれていたそうです。

「お、幼なじみ!?」思い当たる男性もいないY子さんはガッカリして「やっぱり占いなんて当たるはずないか」と、また諦めモードに入ってしまったそうです。

 

■引っ越して疎遠になった“幼なじみ”と突然の再会

しかしその数日後、驚くべき事件が起こったのです!

実家に帰ったY子さんに、母親が突然「ねえ、K君って覚えてる? この町に戻ってきたのよ。立派になっててビックリしたわ」と言ってきたのです。一瞬「え……誰?」と思ったY子さんは、子どもの頃隣に住んでいた男の子のことを思い出しました。中学に上がると同時にK君が他県へ引越し、それ以来疎遠になっていたのです。

Y子さんの頭に、幼い頃の思い出が急に蘇ってきました。そして、「鳥肌が立ったんです。“幼なじみ”って、小学校までずっと一緒に遊んでいたK君のことかも?」とひらめいたそうです。

早速母親に住所を聞きK君の家に挨拶がてら会いに行くと、彼は素敵で優しい男性に成長していました。2人は思い出話に花を咲かせ、その後も度々会うように。再会して1ヶ月後、K君はY子さんに

「Y子といると、何だかすごく安心する。もしよかったら、僕と結婚を前提に付き合ってほしい」

と告白。2人は晴れて恋人同士になることができたそうです!

Y子さんは、「もし『みんなの占い』に診断を依頼していなかったら、K君に会いに行こうとも思わなかったはず」と話しています。「今年のクリスマスと大晦日も、2人で過ごす予定です」。

このように、サインさえ知っていれば、突然のチャンスをものにして、短期間で恋人ができることだってあるのです!

 

■“4つの安心”で悩み解決をサポートする占い

さて、あなたの“現在の恋愛状況”はいかがでしょうか?

Y子さんのように「もう●年も彼氏がいない」という人もいるかもしれませんが、

「片思いの彼の気持ちが知りたい」、「周囲には相談できない、不倫の恋をしている」、「結婚したいのに、彼がなかなか煮え切らない」など、恋愛の苦しい悩みを抱えている方も多いと思います。でも自分で決断して行動を起こすことってなかなか難しいものですよね。

そんなとき、運命や恋愛鑑定のプロに頼りたいですよね。いつどんな行動を起こせばいいか、どんなサインに気づくべきか、頼りになるアドバイスによって背中を押してもらうことで、「今だ!」という行動力も生まれてくるのです!

さらに『みんなの占い』は、

(1)鑑定料以外は一切不要

(2)24時間いつでも相談OK

(3)徹底した情報管理体制

(4)安心のポイント返還保証

という“4つの安心”であなたの悩み解決をサポートしてくれるのです!

いかがでしょうか。

『みんなの占い』では、キャンペーン中の現在なら、通常1,500円かかる初回鑑定がなんと無料に!

無料なら、失うものは何もありません。恋愛の悩みを抱えている方も、「もう出会いなんてないかも」と絶望気味という方も、まずは『みんなの占い』を試して、運命の新しい扉を開く一歩を踏み出してください!

 

【参考】

みんなの占い

 

【画像】

※Luna Vandoorne  / Shutterstock

 

Sponsored by 株式会社ユニット