美レンジャー

アロマで幸福度に差!1,335人調査で判明「実感したイイこと」&使い方

ダイエットにもストレス解消にも、とにかくあらゆる女性の生活シーンに出てくるのがアロマですよね。

その効果と問われたら……、目に見えないものなので、なかなか分かりにくいかもしれません。

男女1,335名に行われたあるアンケート調査では、アロマを取り入れている人とそうでない人で、幸福度などさまざまな点に違いがみられました。今回は、その結果をご紹介しましょう。

 

■アロマを取り入れると生活が充実する!?

公益社団法人日本アロマ環境協会が10~70代の男女1,355名に行った『ストレスとアロマテラピーに関する調査』の結果をご紹介します。

まず「十分な睡眠をとれていますか?」という質問に対して、「強く感じる」「やや感じる」と答えた人の割合が、アロマを取り入れていない人は27%だったのに対し、アロマを取り入れている人は35%でした。

次に、自分のための時間を満喫できていると、「強く感じる」または「やや感じる」と答えた人については、アロマを取り入れていない人では34%に対して、取り入れている人は42%。さらに現在の幸せ度を10点満点で評価してもらったところ、アロマを取り入れていない人は5.9点だったのに、アロマを取り入れている人は6.8点という結果になりました。

総じて、アロマを取り入れると、睡眠時間や自分のための時間の確保、さらに現在の幸せ度についても、高得点であるということが判明したのです。

 

■アロマのおすすめ取り入れ方

 

では、具体的にどうやってアロマを生活に取り入れていけばよいでしょうか? アロマ初心者でも簡単に始められる、アロマの方法をここでご紹介します。

(1)ハーブティー

ハイビスカスは便秘を防ぎ新陳代謝を高めてくれるハーブ。カモミールは体を温めてくれます。これから寒くなる季節ですから、これらのハーブティーを飲むと冷え予防にもなります。さらに利尿効果もあるため、マッサージの後などにおすすめです。

(2)アロマスプレー

女性ホルモンの働きを正常にしてくれるのが、ゼラニウムです。ゼラニウムのアロマ精油2滴に無水エタノール5ml、精製水25mlを加えれば、ゼラニウムのスプレーが完成。月経前症候群や生理痛、更年期障害を緩和する効果が期待されているので、ボディにシュッとこのスプレーを使ってみてはどうでしょうか。

(3)湯船に数滴

湯船にお気に入りのアロマを数滴たらすと、バスルーム中が心地よい香りに包まれて、排出機能をサポートするアロマを使えば、入浴後からむくみの解消に役立つことでしょう。「お風呂に数滴入れるだけ!ぶよぶよ肉&冷え撃退“アロマ&ハーブ”」で、セルライト防止の美容液等に配合されているアロマの一覧を紹介しているので、参考にしてみてください。

 

香りでこれだけの幸せ効果が得られるのであれば、お気に入りの香りのオイルをいくつか持っていても損はないはずですよね。