LAURIER PRESS

朝起きられないときの対策法 寒い冬でもすっと布団から出られるモテ朝習慣

一気に冬のような寒さが訪れた今日この頃。お布団から出るのがつらくなってくる季節です。なかなか起きられず……毎朝遅刻気味という方も少なくないのでは?
でも、ダラダラしているわけにはいきません!
仕事や用事には間に合ったとしても、ギリギリに起きてメイクや家事などが適当になってしまっては、気分も女子力も下がってしまって悪循環。
寒いこの季節、朝にきっちり起きられない気持ちはわかりますが、睡魔に勝って、ついでにモテ女子への修行もできちゃうような朝の小さな心がけを考えてみましょう。

起きるのが楽しみになるような朝ごはんを仕込んで早起きを楽しく

早起きのモチベーションになるものといえば、まずはやっぱり「食」!
おいしい朝ごはんがあると思えば、早起きのつらさも忘れちゃいます。
おしゃれなカフェに行くとか、手の込んだ朝食を用意するというのももちろん素敵ですが、長続きさせるのはちょっとハードル高そう。

朝ごはんを仕込んでおくときのコツ

ただでさえ起きるのがつらい季節なので、「めんどくさくない」というのを前提にしたいものです。
それなら、前日にちょちょっと仕込んでおけばいいのです。
おいしいパンを買って帰るでもいいし、フレンチトーストを一晩つけこんでおいて朝に焼く、というのもおすすめ。朝になったらしっとりふわふわのフレンチトーストが待っている♡ と思うと、しあわせな気分で眠りにつけます。
朝ごはんは胃が受け付けない……という人も、それを見越して夕食を軽めにしたり、胃にやさしい朝食を用意するようにすれば、ダイエット効果も期待できそう。
好きな人と暮らすことになっても、朝が弱い恋人に元気の出るような朝食を用意してあげられたら素敵ですよね(朝に強い彼がふたり分の朝食を用意してくれたらさらにしあわせ♡なんて妄想もふくらみますが……)。
あくまでも負担にならず楽しく続けられることが基本♪ 朝のエネルギーチャージはしっかりと。

目覚めのドリンクを数種類用意して、朝の支度のおともに

朝ごはん以前に、起き抜けの体をしゃきっとさせてくれるのが、目覚めの一杯。
お水やお白湯を飲む人、コーヒーが欠かせない人、スムージーにこだわる人……人それぞれの習慣があると思いますが、朝が苦手な人におすすめなのは、簡単に用意できるドリンクを数種類用意しておくのがおすすめです。
コーヒー、麦茶、ジュースなど、パパッとコップにいれられるドリンクを朝イチで何種類か用意して、ドリンクバーのように飲みながらゆっくりと朝の支度を。
言うなれば、新しい朝の自分へのウェルカムドリンク。とりあえず何か飲んでおく、というよりも、「さあどうぞ!」という感じで選べるドリンクが揃っていたらなんだかときめきませんか?
「今日は風邪ぎみだからホットのハーブティーを」「朝食には牛乳がいい」などなど、朝に飲みたいドリンクって実はさまざま。
起きてすぐ、メイクの時用、朝ごはん中、出かける前に……と、シチュエーション別にドリンクを変えれば、ダラダラしないで楽しく朝の支度ができそう。
好きな人と朝を迎えるときにも、さりげなく彼の好きなドリンクを出してあげられる女性って魅力的です。
家にペットボトルのお茶しかない、なんて女子は、今日からスーパーの紅茶・コーヒー売場へGO!

おすすめのドリンクは

寒い朝にはジンジャーの効いたハーブティーがおすすめ! 体が芯からあたたまり、動く元気が出ます。ハチミツを入れたらさらにエネルギーをくれるドリンクに。
また、カフェラテを飲みたいけれどカフェインが気になる人にぜひ試してほしいのが、麦茶ラテ。お鍋で濃いめに煮出したパックの麦茶に、牛乳と砂糖を加えただけの、意外と簡単ドリンクですが、コーヒーのようなコクとやさしい甘さに癒される味です。朝のお通じにも効果がありそう。

朝に観るテレビを決めておく

朝の空気がひっそりしていると、暗い冬はなんだかテンションが上がらないものです。
そんなときは、気分が上がるような番組を目覚まし代わりに決めておきましょう!
なんとなくテレビをつけて適当なニュースなどを流しているより、せっかくなら自分のテンションに合った番組を選んだほうがお得です。
ドラマでもいいし、語学番組、ワイドショーなど、「起き抜け一番に会う顔」が決まっていると、朝の孤独感もなく、「今日もみんなで頑張ろう!」という気分になれます。
テレビ番組に限らず、ネット配信の動画や、映画などの変化球もアリ♪
好きな芸能人が出ているドラマなんかを毎朝観られるなら、ときめき指数も上がってフェロモンまで高まりそう!?

朝起きられない時に心がけたいこと
ただでさえつらい冬の朝は、ストイックになるよりも、起きる楽しみを随所に散りばめるほうが頑張れそう! 毎朝ハードルが高い朝活をする必要はないので、まずは自分が楽しめる習慣作りからトライしてみて。余裕のある朝時間を過ごせるようになればモテ度も自然と上がるはず♡

(大石蘭)