WooRis

まさかのオナラ超え!「電車内で漂ってくると不快な臭い」1位はアノ臭い

電車のなかで、急に“変な臭い”がしてきて席や車両を変えたくなってしまう。そんな経験ありませんか?

公共の乗り物だから仕方がないとはいえ、不快な臭いを漂わせて平然としている人物に対しては、「もうちょっと周りに配慮してよ!」と思ってしまうのがホンネなのでは!?

今回は『WooRis』が500名に実施したリサーチをもとに、電車内で隣人から臭ってくると許せない“臭い”のワースト3をご紹介していきましょう。

あなたもこんな臭いを漂わせていると、見知らぬ人から顔をしかめられてしまうかも……。

 

■ワースト3位:強い香水

「電車で隣の人から臭ってくると許せない臭い・香りをすべて選んでください」と複数回答可で質問をしてみると、ワースト3位になったのが28.6%の得票率だった「強い香水」。

本来香水は“イイ香り”になるべきなのに、車内は密室になるだけに強すぎる香りは不快感を抱かせてしまうようです。

香水は、身支度をして最後にシュッとする人も少なくないでしょう。しかし、そのまますぐ電車に乗ってしまうと“強すぎる”こともあるので、使うタイミングにも配慮しておきたいですね。

 

■ワースト2位:オナラのような匂い

続いて、同質問に対して30.0%が選びワースト2位になっているのは「オナラのような匂い」。

生理現象なので致し方ない面はあるものの、電車内に不快な臭いが漂うと「逃げ場がない!」と苦痛を抱く人もいるのではないでしょうか?

涼しい顔して音アリでやられちゃうと……マナーを疑いますよね。

お腹を壊しているなどでオナラ臭が気になっている日には、いったん電車を降りてトイレに行くなどの対策をしたいところです。

 

■ワースト1位:口臭

そして、同質問に対して34.0%が選びワースト1位になっているのは「口臭」!

ひとりで乗車していると電車内で口を開ける場面は少ないのですが、強い口臭がある場合には、あくびや鼻から抜ける空気で臭ってくることも……。

自ら口臭を自覚しているのであれば、歯磨きやブレスケアをしてから電車に乗るのも一案です。

 

■次点:タバコ臭

また、ワースト3には入らなかったものの、次点になっていた臭いが「タバコ臭」で25.8%の得票率でした。

喫煙習慣がある人は、洋服に臭いが付着していることもありますし、乗車直前に吸った臭いが残っていることもありますよね。

車内の隣人とは意外と至近距離ですから、タバコ臭も感じやすいもの。消臭スプレーを使うなどして、周囲に不快感を与えないようにする配慮が求められています。

 

いかがでしょうか?

本人は「このぐらいイイだろう」と思っても、周囲が不快感を抱けば顔をしかめられてしまいます。

車内は臭いがこもりやすい空間でもありますから、見知らぬ他人とはいえ不快な思いを抱かせないよう配慮するのもオトナのマナーなのではないでしょうか。

(ライター 並木まき)