Bizlady

美人でモテそうなのに…?なぜか「結婚までたどり着けない女性」の特徴

美人で性格もいいのに、なぜか結婚できない女性っていますよね。

男には苦労していないはずなのに「なぜ彼女は結婚しないんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

結婚と恋愛は別物で、恋愛をたくさんしているからと言って結婚が早いとは限らないもの。結婚との間に大きな壁を感じている女性もいるのです。

そこで今日は、海外サイト『Power of Positivity』を参考に、“なぜか結婚までたどり着けない女性の特徴”4つを、ご紹介します。

 

■1:「結婚って本当に幸せなの?」……結婚に対して少し抵抗感がある

感動的なプロポーズや、純白のウェディングドレスなど、“結婚”と聞いて思い浮かぶのはキラキラしたイメージですよね。

しかし実際、キラキラしているのは、ほんの一部分。“生活”となると、大変なことも多いもの。

毎日一緒に暮らすことで反発し合うこともあれば、お互いに対する気持ちが少しずつ薄れ、初めの頃のようなときめきがだんだんとなくなっていくという切なさもつきものです。

なかにはそんなリアリティー溢れる結婚生活を想像し、なかなか結婚に踏み込めない女性もいるでしょう。

ときめきのない人生など楽しくない!と思っている方も、じつは多いのかもしれません。

 

■2:「一人の人だけに尽くせない!」……恋愛至上主義者である

結婚したら当然、自由な恋愛からは卒業する必要があります。しかしそんな一人の男性に尽くさなくてはいけない結婚のことを、少し重く感じている女性がいるのも事実。

男性に苦労したことはないのになぜか結婚ができない女性は、恋愛至上主義者である可能性が高いのかもしれません。

新しい男性との出会いや初々しいデートというのはドキドキしますよね。しかし結婚生活では、そんな胸の高鳴りを常に感じるのは難しいもの。

人生に常に“トキメキ”を求める女性にとって、結婚はあまり魅力的ではないのかもしれません。

 

■3:「今は仕事のことで頭がいっぱい!」……自分のやりたいことにとにかく集中したい

結婚したら、自分だけの時間というものは限られてきます。とくに子どもができると、つきっきりで育児をする必要があり、自分のことにかまっている余裕はあまりなくなります。

結婚するのだから自分だけの時間が少なくなるのは当然ではありますが、今の仕事にやりがいを感じていたり、叶えたい夢や目標を持っていたりする女性にとっては厳しいこと。

今は自分の仕事や好きなことを優先したい!と思っている場合は、なかなか結婚に踏み切ることができないのかもしれません。

 

■4:「あの人以外は考えられない」……忘れられない人がいる

生涯ずっと一緒に過ごすパートナーとなると、そう簡単に決められるものではありません。とくに忘れられない人がいる場合は、たとえいい人と巡り合えたとしても、結婚には消極的になってしまいます。

「本当にこの人でいいのかな?」という疑問は、忘れられない人がいる場合なおさら強くなりますよね。

結婚はタイミングが大事なものですが、たとえ片方の気持ちが強くても、お互いが同じ方向に気持ちが向いていない限り、成立することはありません。

忘れられないほど好きになれた人がいるというのは素晴らしいことではありますが、いつかのタイミングで一度見切りをつけることも必要です。

 

以上、“なぜか結婚までたどり着けない女性の特徴”4つでしたが、いかがでしょうか?

女性であれば誰もが一度は経験する結婚についての悩み。とくに30歳に近づき周りの友人たちが次々と結婚するようになってから、自分の今後について深く考えるようになりますよね。

しかし今はいろんな生き方が認められるようになってきた時代。「周りがうるさいから」という理由で無理に結婚するのではなく、自分の気持ちに素直に従ってみるのもいいのかもしれません。