美レンジャー

うげっ…冬の汗は夏よりクサイ!覚えておきたい「原因&対策」の知恵

体臭が気になるのは“夏だけ”だと思っていませんか? 夏は気温が高く汗をかきやすくなっているので、体臭を気にする方が多いと思います。しかし、みなさんがあまり意識されない“冬”こそ、体臭に気をつけるべきなのです。

今からの季節は寒さが続くため、汗をかく機会が減ると思われがちですが、冬でも汗をしっかりかいているのです。

今回は美容ライターの筆者が、注意すべき冬の体臭についてご紹介していきます。

 

■1:冬に体臭を気にした方がいい理由は?

そもそもなぜ、冬に体臭を気にした方がいいのでしょうか。その理由と冬の体臭の原因について説明します。

(1)冬のお手入れが体臭の元に・・・お風呂に入っているとき「冬だし、あまり汗をかいていないから、髪の毛をしっかり洗わないでもいいか」と、髪を適当に洗ったり、しっかり乾かしていなかったりしていませんか?

じつは、冬になると生活習慣の乱れによって、体臭を引き起こしてしまうこともあるのです。その特徴の一つとして挙げられるのが、髪の毛のお手入れ方法。“シャンプーの洗い残し”や“半乾き”な状態は、頭皮の臭いの原因になるのです。

夏と比べて汗をかくことが減ったとしても、しっかりと髪の毛を洗うことが臭いを防ぐことにも繋がります。

(2)ブーツから悪臭が・・・足元の臭いが気になる理由。それは、足元が蒸れやすい環境になるブーツが一因です。冬のおしゃれには、ブーツが欠かせませんよね。例えば、食事に行ったお店でブーツを脱がないといけないとき「自分の足、臭くないかな?」とソワソワしながら脱いでいませんか?

ブーツをずっと履いていると、足元の湿度が高くなり、殺菌が繁殖してしまいます。殺菌は汗を餌にし、その二つが合わさることで臭いの原因になってしまうのです。足の臭いを効果的に解消する、以下の方法を取り入れてみてくださいね!

・同じブーツを履かない

・角質などのフットケアを欠かさない

・中敷を取り替える

(3)運動不足になりがち・・・「寒いから」という理由で、運動不足になっていませんか? ついつい外に出るのも億劫になってしまい、運動をする機会を自ら減らしている方も多いはず。

冬にかく汗は、夏にかく汗のようなサラッとした汗ではなく、どちらかというとジメッとした汗をかきやすくなっているのです。

サラッとした汗の臭いは、そこまで気にならないものですが、ジメッとした汗は臭いがキツいといわれているのです。というのも、ジメッとした汗は蒸発しにくくなっており、細菌類を繁殖させてしまいます。さらに、そんな汗には

塩分が多く残っているので臭いが気になってしまうのです。

冬の運動不足を避けるためには、以下の二つを取り入れてみてください。

・普段から運動で汗をかく習慣をつくること

・半身浴で汗をかくこと

 

■2:上着やコートのケアも忘れずに

「自分の体が臭う……?」と感じている方もいると思いますが、じつは体臭ではなく、普段自分が着用している上着やコートが臭うということもありえます。「汗をそれほどかいていないし上着やコートのケアは、まあいいか」と思ってしまのはNG。

臭いがついていないと思いがちな上着やコートのケアも忘れずに行いましょう。意外と暖房がきいている電車内や、建物内などでも汗をかいています。なので移動中に着ている上着やコートにも汗が染み込み、殺菌と合わさって臭いの元となってしまいます。

市販の消臭スプレーなどでケアしたり、風通しのいいところに置くだけでも効果的なので、さっそく実践してみてくださいね。

 

以上、冬の体臭で要注意しなければいけない理由をご紹介しました。汗をかかないからと安心せずに、今の時期も体臭ケアをお忘れなく!