VenusTap

スキンシップはソフトタッチ!? 辻ちゃん&太陽夫婦に学ぶ夫婦円満の秘訣

昨日、11月22日はいい夫婦の日でしたね。筆者の周りにも、「縁起がイイから!」とこの日に入籍したのに程なくして離婚……という夫婦が数組。

その反対に、出来ちゃった結婚当初は「どうせすぐに離婚するでしょ」、「おままごと婚にしか見えない」と野次られたものの、結婚会見から10年目。3人の子供に恵まれ、芸能界を代表する若手オシドリ夫婦となった辻希美×杉浦太陽夫妻。

そこで今回は、『イイ夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2016』を受賞した辻ちゃん夫婦が語った夫婦円満の秘密から、結婚後もラブラブでいられる方法を紹介しましょう。

 

■夫は杉浦太陽を見習うべき! 妻が忘れていても“記念日を大切にする”

理想のイイ夫婦を表彰する『イイ夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2016』で、辻ちゃんがこれまで10年間夫婦円満でいられた理由として明かしたのが、夫・杉浦太陽が「記念日を大事にしてくれていたから」でした。

辻ちゃんが忙しくて記念日を忘れかけているときでも、杉浦太陽は、記念日を忘れずに大切にしてくれていたのだとか! そんな夫の優しい気持ちは、辻ちゃんの日々の活力となり、「大切にしてもらえているんだな」と実感できる贈り物になったのだそう。

■チャームポイントな箇所をソフトタッチ!? 常にくっついていないと嫌

続いて、夫婦円満の秘訣として明かしたのは“スキンシップ”。「夫が気付いたら、横か後ろにいる!」という辻ちゃん。これを受け、夫である杉浦太陽が「妻が視界にいないとイヤ。くっついていないと嫌なんです」と、甘えた一面を披露。辻ちゃんがトイレに行くだけで、「のんは?」と気になってしまうというのだから、よっぽどなのかもしれません。

さらに、スキンシップはソフトタッチで行うのが秘訣のようで……。辻ちゃんが「私のチャームポイントがお尻で……」と口を開くと、すかさず杉浦太陽が「言うな!」と制止するムフフな場面も。ブログでも度々、仲睦まじい2ショットを披露している二人だけに、説得力が増しますよね!

 

■2日間で電話は計7回! 離れている時ほど、こまめに連絡を取る

杉浦太陽のオフィシャルブログ『太陽のメッサ 食べ太陽』、2013年5月29日のタイトル「希美との電話回数」で明かしたのは、地方ロケに出た際の2人の一日のやり取り。

<朝一ロケ、昼休憩、希美と電話、ロケ、空き時間、希美と電話、ロケ終わり、風呂、希美と電話、ご飯、希美と電話、就寝起床、ロケ、希美と電話、昼休憩、希美と電話、ロケ終わり、希美と電話、帰宅>

2日間での電話の合計回数は、ざっと見るだけでも7回。「一体なにをそんなに話すことがあるの!?」と驚いてしまうが、杉浦太陽のブログにはこんな言葉が……。

<希美と電話かけたり、かかってきたり、一日何回電話してるんやろ(笑)

この間は、寝る前に数時間しゃべった(笑)これがまた楽しいっ!

ロケで離れると、電話回数がメッサ増えるんだよなぁ。ロケでの楽しみのひとつになってます>

「寝る前に数時間お喋りって、まるで付き合いたてのカップルじゃん!」と衝撃を受けますが、辻ちゃん夫婦のように一日にあった出来事をそのつど共有していくことが大切なのかもしれません。

また、「仕事で忙しいから」、「そんな時間ないから」と理由をつけて連絡を取らないのではなく、離れているときほどこまめに連絡を取ることで、「常に気にかけているよ」、「離れていても心配いらないよ」という気持ちが伝わり、お互い思いやりを持てるような気がしますよね。

 

いかがだったでしょうか? 筆者は先日、米国に住む知り合いから“Happy wife happy life”という言葉を教わりました。「妻が幸せなら人生幸せ」という意味で、奥さんの機嫌がイイ夫婦は円満なのだとか! 辻ちゃん夫婦も当てはまってるかもしれませんね。

 

【画像】

※ TOKYO, JAPAN – JUNE 18: TV personality Nozomi Tsuji attends press conference of the BS Sky Perfect TV program on June 18, 2015 in Tokyo, Japan. (Photo by Sports Nippon/Getty Images)

 

【関連記事】

冷えた夫婦の8割がやってない!ラブラブ夫婦はしてる円満の秘訣とは

日本海側だと不幸に?「幸せな夫婦」が多い県1位は鹿児島、最下位は…

寒い地方は夫婦仲も冷え冷え?エリア別「夫婦円満」度最下位は北海道

2位信頼する…ラブラブ夫婦が答えた「円満のために大切なこと」1位は

円満度90点以上の妻110人に調査!夫婦円満のためにしてることランキング

 

【参考】

杉浦太陽オフィシャルブログ『太陽のメッサ 食べ太陽』