VenusTap

ベッキーのゲス不倫は何位?皆が選ぶ「衝撃的だった文春砲ランキング」

2016年も残りわずか。今年の芸能ニュースは『週刊文春』(文藝春秋)による衝撃スクープ記事が目白押しでした。“文春砲”というワードが流行語大賞にランクインするほど、世間ではそのスクープ力に驚いた人がたくさんいたようです。

そこで今回『VenusTap』では、一般男女500名に「あなたがいちばん衝撃的だった2016年の文春砲は?」という独自アンケートを実施。

2016年を振り返りながら、もう一度あの驚きを思い出してみましょう。

 

■1位はやっぱり「ベッキーと川谷絵音のゲス不倫」!

<衝撃的だった2016年の文春砲ランキング>

1位・・・ベッキーと川谷絵音のゲス不倫(24.2%)

2位・・・舛添前都知事の公用車の私物化使用疑惑(13.4%)

3位・・・読売ジャイアンツ野球賭博問題(9.2%)

4位・・・鳥越俊太郎の女子大生淫行疑惑(7.4%)

5位・・・小倉優子の夫と後輩アイドルの不倫疑惑(7.0%)

6位・・・ショーンKの経歴詐称(6.8%)

7位・・・三代目J Soul Brothersの2015年レコード大賞買収疑惑(6.7%)

同率8位・・・宮崎謙介元議員の不倫(5.2%)

同率8位・・・とにかく明るい安村の不倫騒動(5.2%)

10位・・・中村橋之助の不倫騒動(5.1%)

断トツだったのは、やはり2016年の新年早々に放たれた文春砲“ベッキーと川谷絵音のゲス不倫”でした。

「あれから誰が不倫しようと、川谷とベッキーの威力には勝てない」、「ベッキーが好きだったからすごいショックだった」、「“センテンススプリング”は本当のLINEだったんだと一番驚いた」とそのときの衝撃が忘れられないようです。

 

■ゲス川谷との不倫でベッキーの好感度は急降下……

ベッキーとゲスの極み乙女。の川谷絵音の不倫が最初に報道されたのは、今年の1月14日号。

スキャンダルや熱愛報道がなかったクリーンなベッキーのイメージが、あっという間にダークな印象に。また、2人がLINEのやりとりで離婚届を“卒論”と呼んで浮足立つ様子も、かなりショッキングでした。

さらに致命傷となったのは、1月28日号で報じられた新たに流出したLINEメッセージ。

ベッキーの釈明記者会見前日に、「友達で押し通す予定!」とウソをつくことを宣言、ノリノリで「ありがとう文春!」、「センテンススプリング!」と楽しそうにやり取りをしていたことが発覚。その軽率さと言葉の選び方に世間を呆れさせました。

Twitterでも「センテンススプリングの“ゲスノート”、本家のデスノートばりに絶大な力発揮しすぎ」、「ホントこいつら最悪だし、アホ過ぎ」、「ベッキーそんな方だとは思ってなかったな…」とショックを隠し切れないつぶやきが溢れました。

これによりベッキーはメディアから徐々に姿を消していくことに……。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に復帰か? などの噂も飛んでいますが、今後のベッキーに新たな活躍の場はあるのでしょうか。

 

■文春砲から都政の問題が浮き彫りに

2位の“舛添前都知事の公用車の私物化使用疑惑”は、国会を巻き込むほどの大騒動となりました。

記事が掲載されたのは5月初め。舛添前都知事が毎週末に神奈川県の湯河原にある自身の別荘へ公用車を使って行っていると報道され、年間400万円もの税金を私的に使い、さらに毎週都知事が東京から離れているという危機管理上の問題について追及されることに。

さらにその後も、謎の美術品900万円、正月の家族旅行の温泉宿37万円、家族との回転寿司での食事代5万円、床屋代3,000円など、政治資金を私的に利用している疑惑が浮上。ついに辞任へと追い込まれました……。

「ケチすぎるのに驚いて失望した」、「舛添問題がなけりゃ、都税使って皆でリオ観光してたのかと思うと、文春砲バンザイ!です」、「都知事が舛添のままだったら豊洲問題はどうなってたんだろうか……」と文春砲のおかげで税金の不正や新たな問題を浮き彫りにすることができたという意見が多く見られました。

この文春砲により、都政や区議会への注目が集まるいま。よりクリーンな政治を期待したいものですね。

 

■不倫報道が満載の2016年

ランキングは半数近くが“不倫報道”。今年は不倫報道が大豊作な1年でした。意外な人の不倫に、驚いた人も多かったのでは?

『VenusTap』の過去記事「5位海老蔵、2位舛添“今年イメージが激変した有名人”やはり1位は…」を見ると、ベッキーと川谷絵音だけでなく、乙武洋匡、ファンキー加藤など不倫が原因でイメージが変わってしまったという人が多かったことがわかります。

不倫の代償は思った以上に大きいもの。来年は不倫報道が少しでも減ることを祈るばかりです。

 

いかがでしたか? 来年も大きな文春砲が撃ち込まれる予感が。今後も週刊文春から目が離せませんね。

 

【関連記事】

3位愛之助&紀香!2016年結婚した中で「いい夫婦になりそう」1位は

働く妻500人に聞く「取引先と不倫したことあるorない?」驚きの結果は

3位ベッキー!スキャンダルにめげない「鉄メンタル芸能人」ランキング

2位黒木メイサ&赤西仁!案外長く続いてて驚く芸能人夫婦ランキング