VenusTap

20代男子のリアル金銭事情!月の小遣い3万で初デートに持ってく額は…

クリスマスや忘年会、帰省などで出費が多くなる年末。冬のボーナスがあるとはいえ、「財布の中身が寂しい……」と嘆く人もいるはず。

ではいまどきの20代は、いったい財布にいくらくらいお金を入れているのでしょうか?

今回は、SMBCコンシューマーファイナンスが20歳~29歳の男女1,000人を対象に実施した「20代の金銭感覚についての意識調査2016」の結果をご紹介します!

 

■20代が毎月自由に使えるお金、平均は3万円超

まず「毎月自由に使えるお金はいくらあるか」と聞いたところ、全体の平均額は30,422円という結果に。未婚者と既婚者に分けると、未婚者は32,997円、既婚者は19,376円という結果でした。

次に「普段(平日)、財布にいれている金額は?」と尋ねると、最多は「5,000円超~1万円以下」(26.5%)。2位「3,000円超~5,000円以下」(23.8%)、3位「1万円超~2万円以下」(14.6%)。全体の平均額は9,634円でした!

毎月自由に使えるお金が3万円程度なのに、お財布に9,634円入れるのは多い気もしますが、これには昼食代や交通費、食費なども入っているのかも。

次に「どこまで所持金が減ったら、手持ちが少なくて不安になるか?」と聞いたところ、1位は「2,000円未満」で30.2%。次いで、「1万円未満~5,000円」(14.2%)、「3,000円未満~2,000円」(12.7%)、「5,000円未満~3,000円」(12.2%)。

しかし中には「0円」という人が10.8%もいると判明しました!

 

■初デートで財布にいれるお金、男性平均は3万近く!

では、20代男女はデートの際いくらお財布にいれていくのでしょうか?

「気になる異性と初デートするとき、安心できる所持金は?」と尋ねると、

1位・・・1万円超~2万円以下で安心(33.5%)

2位・・・5,000円超~1万円以下で安心(22.1%)

3位・・・2万円超~3万円以下で安心(20.8%)

しかし男女別で見ると平均額は大きく異なり、男性は27,736円、女性は17,792円と約1万円もの差が。少なくとも初デートでは、男性が奢ったり、女性より多く支払う覚悟があるようですね!

 

■初めてのデートは誰が払うべき? 米国の習慣は

初めてのデートでは“割り勘を申し出るか否か”で悩む女性もいるでしょう。筆者の住む米国では、デートでは男性が支払いをするのがごく普通の習慣です。

海外の財政・金融系雑誌『Money』ウェブ版記事を参考に、デートでは男性に奢ってもらうべき理由を紹介しましょう。

(1)彼の“女性を守りたい”という気持ちを立てる

米国では“男性が女性をエスコートする”、“支払いは男性がすべき”という考えが一般的。それは「自分が女性を守りたい」という気持ちからくるようです。

男性のプライドを守るために、素直に奢ってもらうことが女性にとっての優しさと言えるでしょう。

(2)“女性らしく扱われた”という自信が生まれる

男性にご馳走されることで、女性も「レディーらしく扱ってもらった」という自信が生まれるはず。ただし、奢ってもらっても当然という態度はNG。笑顔できちんとお礼を言いましょう。

 

最近の若者は初デートでも割り勘が当然かと思いきや、意外にも「男が払うべき」と考えている男性も多いのかもしれません。

お小遣いが3万円ということを考えると、かなり頑張ってくれているのがわかりますね。デートで男性に払ってもらったら、くれぐれも感謝の言葉を忘れずに!

 

【関連記事】

4位お金の使い方!夫婦が「パートナーに直してほしい部分」ランキング

3位中居、2位岡村「100円の買物でケチケチしそうな男性芸能人」1位は

ゆとりは「割り勘デートが当然」は嘘!? 20代男性に奢ってるか聞いてみた

2位紗栄子より「デートで割り勘にしたら怒りそう」な女性芸能人1位は

2位自分から誘っといて割り勘…食事デートでケチ!と幻滅する男1位は

 

【参考】

20代の金銭感覚についての意識調査2016 – SMBCコンシューマーファイナンス

Ladies, This Is Why You Should Let the Guy Pay on the First Date ‐ Money