VenusTap

朝からゴメンね…はNGワード!男性を落とす「恋のLINEテク」まとめ

今やコミュニケーションに欠かせないツールとなったLINE。意中のカレとやり取りしながら、「こんな返信で大丈夫かな……」と文面に頭を悩ませたり、「返信がこないよ~」と夜な夜なベッドの中で泣いている女性も少なくないでしょう。

そこで今回は、意中の男性に送るべきLINEや、避けた方がいい内容など、覚えておくべき恋のLINEテクニックを『VenusTap』の過去記事から一挙に紹介! ぜひ参考にしてみて。

 

■男性が返信する気をなくすLINEの特徴3つ

まずは、男性がLINEを読んだ瞬間にスルーしたくなるLINEの特徴を3つ紹介します!

(1)「ランチしてきた」などの意味のない報告

過去記事「既読スルーにもう悩まない!男性が思わず返信したくなるLINEテク」によると、男性が女性のLINEに返信をしないのは「単純に面倒だから」だそう。

例えば「今日は友達とお茶してきたの」、「スターバックスで新作が出てから行ってきたよ」といった報告は、女性同士であれば盛り上がるもの。しかし、無駄話をしない男性からすると、内容がないため、「どう返信したらいいわけ?」と困惑してしまうのだとか。

女性に好意がある場合は、「楽しかった?」など話にのってくれれるかもしれません。しかし、まだお互いをよく知らない段階の場合「どう返信したらいいか分からないし、面倒だからいっか」と放置される可能性が高いのです。

多少ならOKですが、送り続けると「ウザい」と思われてしまうので、気をつけて。

(2)長文

伝えたいことがいっぱいあって、気付いたらスクロールが必要なほど長文のLINEを送っていた……。そんな経験はないですか?

過去記事「朝からゴメンね…は非モテ!? 脳科学者による“男を落とすLINEテク”」によると、脳科学評論家の澤口俊之氏曰く、「男性は長文を受け付けたくない脳の構造をしている」のだそう。

そのため、一応は読むものの、どう返したらいいのか分からないため既読スルーしてしまうのだとか。さらには、長文のLINEを送ってきた女性を「メンドくさいやつ」とまで思うことも!

伝えたいことは1つに絞り、スパッと短い文章で送る意識を持ちましょう。

(3)LINEの始まりが「ゴメンね」

「朝からゴメンね」、「ゴメンね、忙しいときに」と、LINEの冒頭で謝っているあなたは、男性に嫌われる危険が!

先ほどの記事で澤口氏は「一見、相手の都合を考えているかのように見えるが、本当は自身の都合を一番に考えた発言」と指摘。

なぜなら、「大丈夫だよ」、「気にしてないよ」と、“あなたへの気遣い”を見せないといけなくなるため、実は相手に負荷をかける行為なのです。相手に気を使わせるようなLINEはやめましょう。

 

■「俺も好き!」と男性に思わせる、必勝LINE

では、好きな男性にはどんなLINEを送ればいいのでしょうか。

過去記事「これ脈アリじゃね!? 男が嬉しくなる“女性からの初LINEの言葉”トップ5」では、男性500名に「連絡先を交換したばかりの“初LINE”で届いたらテンションが上がるメッセージは?(複数回答可)」というアンケート調査を実施。すると以下のような結果に。

1位:「今度ご飯行きませんか?」と早速お誘いの内容(23.4%)

2位:「たまにLINEしてもいいですか?」と自分とLINEしたいことを伺わせる内容(23.2%)

3位:「もっとお喋りしたかったです」と会ったときの気持ちを伝える内容(21.2%)

LINEを交換している時点で、お互いに多少なりとも好意があるもの。早い段階でお誘いをもらえると、女性からの好意を確信でき男性のテンションはMAXになるのでしょう。

 

使い方次第で、あなたの恋愛が大きく左右されるかもしれないLINE。紹介したNG行為をやらないよう意識すれば、気になる彼との恋が実るかもしれませんよ。

 

【関連記事】

よしイケる!男が「脈あり」だと思っちゃう女の子からのLINEとは

彼氏が一瞬で冷める!バレたら一発アウトな「女の秘密」まとめ

 

【画像】

GU / 古天熱