VenusTap

古っ!30代女性がしてたらオバさんっぽいファンション&メイクTOP5

自分ではオバサンぽいファッションやメイクをしているつもりはなくっても、世間一般から見れば「うわ古っ!」と思われてしまっているかもしれません。しかし自分ではオシャレが時代遅れになっていないかはなかなか気づきにくいものですよね。

そこで今回『VenusTap』では、全国の女性500名を対象に「30代の女性がしていたらオバサンっぽいと思うファッション・メイクは?」というアンケートを実施しました。その結果をランキング形式で紹介します。

あなたのよくやってる服装がランクインしていないか、さっそくチェックしましょう!。

 

■1位:極端に細い眉・・・125票

今回「あの人、オバサンクセェ!」と思われてしまうファッション・メイクで、最も多く票が入ったのが、「極端に細い眉」という回答でした。

一時の太眉ブームも落ち着き、石原さとみなど人気女優の中にも細眉をしている人も一定数います。しかし、アムラー全盛期を彷彿とさせるような細眉は「古い!」という声が多数。

「眉山が鋭角に尖った細くて濃い眉は、“あー、アムラー時代の人か”と思ってしまう」、「若いときからメイクが止まってる印象」などの意見が。

反対に、流行のナチュラルで作りすぎない眉の女性は、美意識が高いと思われやすいよう。眉はもっとも“顔の印象”を左右するポイントなので、まずは眉トレンドはおさえるようにしておくと、すぐにでも“オバサン”ぽい印象から脱出できそうですね。

 

■2位:ただ明るく染めただけの髪・・・105票

2位にランクインしたのは「ただ明るく染めただけの髪」。

「いまだに茶髪ですか? って感じ」、「明るくしていればオシャレだと思っているところがオバサン」などの厳しい意見が。

30代後半にとって、いちばんオシャレに敏感だった20代は“茶髪全盛期”。しかしいまや、黒髪などのダークカラーも人気の時代です。茶髪一辺倒だと、古臭い印象を与えるのかもしれません。

また、カラーだけでなく「いまどきすごいレイヤーが入った髪型してたり、しっかり巻いている人もオバサン認定しちゃう」と思われてしまうようなので、注意しましょう。

 

■3位:派手な刺繍のセーター・・・95票

3位には「派手な刺繍のセーター」がランクイン。アクセントや差し色として派手な柄を持ってくるのはオシャレですが、総柄刺繍のセーターは「オバサンにしか着こなせないと思う」、「どこで買えるのかすら謎」など、オバサン認定されてしまうよう。

なかには「オバサンというよりお婆さん」という意見もありました。

 

■4位:ラメの強いキラキラグロス・・・92票

自然な血色の唇に見えるティントリップや、透明感のあるグロッシーな赤リップが大流行中のいま、「ラメの強いキラキラグロス」も完全に流行とは無縁なオバサンアイテムのよう。

「“いつの時代だよ!”と突っ込みたくなる(笑)」、「“きっと昔のコスメをいまでも使ってるんだ”と思って可哀想になる」、「ラメグロスが流行った時代で流行が止まってしまっていて哀れ」など、もはやオバサンくさいと言うよりも憐れみの目で見られてしまうようですね。

 

■5位:ブーツカットなど数年前に流行ったデニム・・・89票

5位には、「数年前に流行したデニム」という意見がランクイン。バギーパンツやワイドシルエットなど、はるか昔に流行したデザインが再びトレンドではありますが、見るからに“時代遅れ”のデニムはオバサン街道まっしぐら!

ブーツカット、ダメージが入りまくったものなど一昔前に大流行したデニムを履いている人を見かけると、「いくら近所を歩くだけだとはいえ、オバサンじゃないと流行遅れのデニムなんて履けない」という声もありました。

 

いかがでしたか? 当たり前のように使っていたコスメや、何気なく着ていた服なども、実は「プッ、オバサンくさ~い」なんて思われているかもしれません。

ついつい流行に疎くなってしまっている人は、これを機に自分のメイクやファッションが時代遅れではないか、チェックしてみてください。

 

【関連記事】

※ 時の流れは残酷!30代以上の女性が「もう若くない」と思う時ランキング

※ 2位ボディタッチ…男が「がっつき過ぎ!」とドン引く女性の行動1位は

※ 老化じゃなくて劣化です!男から「劣化女子」認定される残念ポイント3つ

※ いい女はこっそり巻いてる!ダイエット効果もありオススメ腹巻き3つ

※ 大さじ1で卵焼きがフワフワ!? 知らなきゃ損「マヨネーズの裏技」まとめ