VenusTap

許せねぇ!2位舛添要一の金銭疑惑「今年腹が立ったニュース」1位は

今年も沢山のニュースが、世間を賑わせましたよね。中には思わずイラッとしたり、怒りがこみ上げてきたニュースも多いのではないでしょうか。

そこで今回『VenusTap』では、男女500名に対して「今年最も腹が立ったニュース・事件は?」という独自アンケート調査を実施。

気になる結果を、ランキング形式でご紹介しましょう。

 

■戦後最大の惨劇……障害者殺害事件が1位!

<今年最も腹が立ったニュース・事件ランキング>

1位・・・相模原障害者施設19人殺害事件(78票)

同率2位・・・舛添元都知事が金銭疑惑で辞任(67票)

同率2位・・・ポケモンGOで死亡事故発生(67票)

4位・・・原発避難いじめ(79票)

5位・・・北朝鮮が水爆実験・ミサイル発射(35票)

同率6位・・・電通の女子社員過労死(33票)

同率6位・・・慶應大学サークルの不祥事(33票)

数あるニュースの中で“最も腹が立ったニュース”として選ばれたのは、「相模原障害者施設19人殺害事件」でした。

1人による犯行では“戦後最悪の大量殺人”と言われており、ネット上でも「ニュースを見ながら涙が止まらなかった」、「犯人を絶対に許すことはできない!」、「体が不自由な方々を標的にした許されざる行為に、強い憤りを感じる」と多くの怒りのコメントが寄せられ、納得の1位となりました。

 

■まさに衝撃!? 2位は舛添元都知事の金銭問題

同率2位に選ばれたのは、「舛添元都知事が金銭疑惑で辞任」でした。

東大出身の国際政治学者として、テレビで活躍後に政治家に転身。名実ともにエリート街道を突き進んできた舛添要一ですが、今年に入って政治資金の私的な利用が明るみに。

さらに“開き直り”とも受け取れる発言を繰り返したことで、イメージが急降下。『VenusTap』の過去記事「5位海老蔵、2位舛添“今年イメージが激変した有名人”やはり1位は…」でもご紹介した通り、残念ながら今年最もイメージが悪くなった有名人の1人です。

ネット上でも「本当に、都民の血税をなんだと思っているのか」、「辞職でおしまいなんて許せない」、「堂々と正当化しようとしたことで、更に嫌いになった」といった声が多く寄せられました。

 

■厳罰を! 死亡事故発生の『ポケモンGO』問題

一時期のブームは去ったものの、今年社会現象になった『ポケモンGO』での死亡事故が同率2位にランクイン。

配信からわずか3日で利用者が1,000万人を余裕で超えるという“驚異の大ヒット”となりましたが、残念ながら車の運転中に遊んでいて他人を轢き殺すなどのニュースが報道されました。「配信された時点で誰もが予想できたこと」、「スマホ運転は飲酒運転と同等の懲罰が必要だと思う!」といった厳しい意見が多数寄せられました。

ついつい熱中してしまうのがゲームの怖さ。

過去記事「それ犯罪!『ポケモンGO』でやらかしたNG行動…3位不法侵入、1位は」でご紹介したアンケートによると、なんと57.3%の人が“運転中などの特別な注意が必要な環境での利用”をしたことがあると答えています。

クリスマスのコスチュームを着たモンスターが手に入れられるとして、近頃またネット上を騒がせている『ポケモンGO』。

ゲームを楽しむのは自由ですが、他人に迷惑をかけ、傷つけるのは言語道断。ゲームをするときは、決して“加害者”にならないよう、マナーを守りましょう。

 

以上、「今年最も腹が立ったニュース・事件」のランキング結果をお伝えしました。

リオ五輪での日本人選手の活躍など良いニュースも多くありましたが、熊本地震などの天災、恐ろしい殺人事件など悲惨なニュースもたくさんあった2016年。2017年は良いニュースがたくさんある1年になるといいですね。

 

【画像】 Licensed by Getty Images

 

【関連記事】

石田純一の本名は太郎!「実は芸名と知って驚く芸能人」1位の旬女優は

3位オリラジ藤森、2位星野源!女性が選ぶ最キュン「メガネ男子」は…

2位ヒステリック…男が「こいつと結婚はムリ」と思う彼女の行動1位は