VenusTap

2位佐々木健介&北斗晶!憧れのベテラン芸能人夫婦ランキング1位は

不倫報道が相次いだ2016年の芸能界。ニュースを見るたびに「うちの夫婦はこうはなりたくないな……」と決意を新たにした人も少なくないのでは?

そこで今回は結婚相手紹介サービス・オーネットがおこなった「夫婦関係に関する意識調査」で明らかになった、“憧れのベテラン芸能人夫婦” ランキングを紹介。

夫婦仲を円満に保つために気をつけたいポイントともにお伝えします。

 

■お互いにはっきりと意見を言い合う「ヒロミ・松本伊代夫婦」が1位に!

20歳から49歳の男女365名を対象に「憧れのベテラン夫婦はどのカップルですか?」と質問したところ、1位には「ヒロミ・松本伊代夫婦」がランクイン。

「奥さんの失敗も笑い話にして、楽しく生活しているから」(43歳・男性)、「お互いに大切に思っている感じがするから」(39歳・女性)と、失敗も笑い話にしてテレビで公開しあっている姿に微笑ましさを感じた人が多かったよう。

2位は、先日乳がんの闘病から復帰した北斗晶とその夫・佐々木健介。「ご主人が奥さんを支えていつまでも優しい」(37歳・女性)、 「夫婦支え合っているのがわかる」(27歳・女性)と、特に女性陣からの支持が高くなりました。

病身の北斗晶を温かく支えた佐々木健介の姿が印象的で、「私も病気になったらしっかり夫に支えてほしい」と憧れた女性が多いのかも。

 

■夫婦仲が険悪になる!? 気をつけたい口喧嘩パターン

今回の調査でランキング入りした夫婦は、お互いに思ったことを言い合っているイメージ。だたし、意見のぶつけ合いは一歩間違うと夫婦仲を険悪にしかねません。

そこで姉妹サイト『Wooris』の過去記事「離婚へまっしぐら!? 夫婦仲が険悪になる“NG夫婦ゲンカ”パターン4つ」を参考に、気をつけたい口喧嘩のパターンを紹介します。

(1)夫の話を全く聞こうとしない

ただお互いの気持ちをぶつけ合うだけでは何の解決にもなりません。しっかり相手の意見を聞くことがなにより大事です。

『VenusTap』の過去記事「俺は召使いかよ!2位命令口調…男が冷める妻・彼女との会話ワースト5」でも、「こちらの会話を常にスルー」が4位にランクインしており、話を聞かないことが続くと夫の愛情はどんどん冷めていくよう。

相手の意見にきちんと耳を傾けると、夫側もあなたに歩み寄ってくれ、お互いの妥協案も成立しやすいかもしれません。

(2)相手を言い負かすために躍起になる

夫婦関係のエキスパート曰く、「夫婦ゲンカの目的は“相手に勝つこと“ではありません」。ひとつ屋根の下に敵が住んでいるなんて状態は、お互いに耐えられませんよね。

相手をコテンパンにやっつけたり、言い負かしたりして勝利感を味わっても夫婦仲はドンドン険悪になるばかりです。

 

感情に任せ、意見を一方的にぶつけるだけでは離婚まっしぐら。ちょっとしたひと言がキッカケで、夫婦仲を最悪にしないようにしましょう。

 

【画像】 Licensed by Getty Images

 

【関連記事】

※ 4位DAIGO&北川景子!憧れの「芸能界ラブラブ夫婦」ランキング1位は

※ 夫は喧嘩の意識なし!? 全国の夫に聞いた「夫婦喧嘩の回数」が妻と違う

※ 週1回だけでも離婚率が大幅ダウン!夫婦が「2人きりでやるべきこと」

※ 2位は上戸彩&HIRO「近いうち離婚しそうな年の差芸能人夫婦」1位は

 

【参考】

※ 夫婦関係に関する意識調査 – オーネット

※ 離婚へまっしぐら!? 夫婦仲が険悪になる「NG夫婦ゲンカ」パターン4つ – Wooris