VenusTap

生姜よりポカポカ!500人に聞いた「効果があった冷え性対策」断トツは

多くの女性が苦しむ“冷え性”。

外出時にカイロを貼ったり、ネックウォーマーをするなど対策は人それぞれだと思いますが、できればより効率的に“冷え性”のつらさから解放されたいですよね。

そこで今回『VenusTap』では、女性500名に対して「本当に効果的だと実感した冷え性対策は?」という独自アンケート調査を実施。気になる結果を、ランキング形式でご紹介しましょう。

 

■冷えた身体もポカポカ! 「湯船に浸かる」が圧勝

<本当に効果的だと実感した冷え性対策ランキング>

1位・・・シャワーで済ませず、湯船に浸かる(144票)

2位・・・生姜を食べる、生姜湯を飲む(73票)

3位・・・靴下の重ね履きをする(63票)

4位・・・足湯をする(52票)

同率5位・・・お腹や腰にカイロを貼る(33票)

同率5位・・・ジョギングなど有酸素運動をする(49票)

女性が考える“冷え性に最も効果的な方法”は、「シャワーで済ませずに湯船に浸かる」ことでした。

「冬のお風呂は最高に気持ちがよくて、まさに天国!」、「末端冷え性だからはじめはジンジンするけど、身体が芯から温まるのを感じる」、「リラックスできるし、冬は朝晩の入浴が欠かせない」と、冷え性に苦しむ女性から多くのコメントが寄せられました。

多くの女性が大好きな“入浴”ですが、冷えた身体を熱めのお湯で急激に温めるのは実はNG!

『VenusTap』の過去記事「42度のお風呂はNG!冷え性に効く“湯上がり後もポカポカ”入浴法」によると、体温が一気に上昇すると自律神経が体温を一定に保とうと血流を悪くし、体温を下げようとするのだとか。

冷え性対策には“38~40度で20分間浸かること”が効果的だそう。冷え性に悩む人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■冷え解消に効果抜群!? 2位は「生姜」

冷え性改善の食材として、生姜を思い浮かべる人は多いもの。今回の調査でも「冷え性と言ったら、生姜が一番でしょ」、「出先でも食べられるよう、生姜チューブを持ち歩いている」、「寝る前に生姜湯を飲んでいる」と、多くの女性の支持を集めました。

冷えに苦しむ多くの女性が食生活に取り入れている生姜ですが、冷え性に効果的なのは“乾燥生姜”だそう。

姉妹サイト『美レンジャー』の過去記事「冷えに警戒せよ!薬膳のプロが指南“もっと効果的な生姜の摂り方”」によると、生姜を蒸して乾燥させた“乾燥生姜”は、漢方では“乾姜”(かんきょう)と呼ばれており、身体の芯から温めてくれる効果があるのだとか。

手作りが面倒でも、“蒸し生姜”の名前で市販もされているので、常備しておくとよいかもしれません。

 

■氷のような足先にはやっぱりコレ! 3位は「靴下の重ね履き」

冷え性改善に効果的と言われる、「靴下の重ね履き」。近年では絹と天然素材の靴下を重ね履きする、“冷えとり靴下”も各社から販売されていますよね。

足元をポカポカにしてくれる靴下の重ね履きですが、寝るときに履くのは逆効果。

『VenusTap』の過去記事「靴下は逆に体を冷やす!? 医師が教える“冷え対策アイテム”2つ」でもご紹介しましたが、靴下が足の毛細血管を締めつけて血流を悪くしてしまい、冷え解消には逆効果だそう。

 

以上、「本当に効果的だと実感した冷え性対策ランキング」の結果をお伝えしました。

冬本番の寒さは、まだまだ続きます。「冷え性がつらすぎる!」という方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

「何もしてない」なんてウソ!美肌ツヤ子は飲んでいる甘酒のスゴイ効果

3位は藤原紀香!叩かれ過ぎで同情しちゃう芸能人ランキング圧勝は…

2位佐々木健介&北斗晶!憧れのベテラン芸能人夫婦ランキング1位は

 

【参考】

冷えに警戒せよ!薬膳のプロが指南「もっと効果的な生姜の摂り方」 – 美レンジャー