VenusTap

2位は関根勤「親戚付き合いがうまそうな芸能人」愛妻家すぎる1位は

年末年始には親戚の挨拶まわりで忙しかった人も多いのでは? 親戚の中には、気難しいおじさん、おしゃべりなおばさんなど、会うのが憂鬱な人も少なからずいるものですよね。

しかし、「どんな相手ともうまく付き合えそう」と感じる芸能人もいますよね。

そこで今回『VenusTap』では男女500名に「以下のうち、親戚付き合いがうまそうな男性芸能人を1人選んでください」というアンケート調査を実施。気になる結果をランキング形式で紹介します。

 

■3位:井ノ原快彦(V6)(50票)

見るからにいい人オーラが漂う“イノッチ”こと、井ノ原快彦が3位。

爽やかな笑顔と温かい人柄で、ジャニーズ屈指の高い好感度の持ち主ですが、イノッチが誰からも愛される理由は、ジャーナリスト・池上彰も絶賛した“話の聞き方”にあるようです。

累計200万部を超える池上彰の著書『伝える力』(PHP研究所)には、

<好感度といえば思い出す人たちがいます。
タレントでV6の井ノ原快彦さんとTOKIOの国分太一さんです。
(中略)
私をゲストにして2人が聞き手役です。
収録後、どうしてあれほど気持ちよく話せたか考えてみると彼らが私をうまく乗せてくれたからだと気が付きました。
「へえー」は、もちろん「それ、おもしろいですね」「すごいですね、それは」「それは知らなかった」「それでどうなったんですか?」「僕にも教えてくださいよ」などの反応がポンポン返ってきたのですから。
しかも、時に身振り手振りを交え身を乗り出しつつ目を輝かせて聞いてくれます。>

と書いています。

ネット上でも、「相手が話しやすい状況を作るのがうまい」といった声が。そんな聞き上手なところが、親戚付き合いもお手の物だと思われたようです。

 

■2位:関根勤(69票)

『VenusTap』の過去記事「2位所ジョージより!父の日目前“理想のパパ像”最新版1位は…」では、見事理想のパパ1位に輝いています。


娘・関根麻里が小さい頃、一緒にお風呂に入るときには、お風呂を楽しんでもらおうとお尻を振って踊る“ケツケツダンス”をしたことを、かつて『サタデープラス』(TBS系)で告白したことも。

そんな、家族を常に楽しませようとしてくれる姿勢から、「関根さんが親戚なら笑いが絶えなそう」といった声も多く、票を集めました。

 

■1位:つるの剛士(112票)

圧倒的票数を集め見事1位になったのは、タレント・つるの剛士でした。

つるの剛士と言えば、かなりの愛妻家として有名です。過去、『夕刊フジ』(産経新聞社)のインタビューで、

「自分でイクメンとは思っていない。オクメン、奥さん第一です。自分がしっかり生きて夫婦が仲良ければ、その背中を見て子どもは絶対しっかり育つ。奥さん第一が、一番の育児だと思っています」

と発言しているほど。

私事で大変恐縮ではありますが、 本日9月2日は、我夫婦の13回目の結婚記念日でして、こんな赤の他人夫婦の結婚記念日を毎年沢山の皆さんにお祝いしていただけるのはなんだか嬉し恥ずかしな気分です。 皆さんありがとうございました。 9月2日ということで『(くつ)靴の日』と結婚当時夫婦で勝手に銘打ち毎年お互いに欲しい靴を交換し合うという儀式を敢行しておりますが、今年で13足の靴を交換し合い13歩歩きました。 13年の間に結婚当初から夢見ていた5人の子供にも恵まれ、あまりに密度の濃い13年だったので正直まだ13年?というような感覚ですが、これからもいろんな事が起きるなか20歩30歩。。と夫婦で互いに信じ許し成長して参る次第であります。 人目も憚らず全力で惚気ます。 結婚13周年ありがとう。これからもよろしくね 出会った時より大好きです! ミキティーーーッッッ 皆さんありがとうございました

つるの剛士🇯🇵さん(@takeshi__tsuruno)が投稿した写真 –

その妻をとても大事にしているイメージから、「奥さんのために親戚ともうまく付き合う努力をしてくれそう」、「奥さんの親も大事にしてそう」といった声を集めました。実際、自身のInstagramでは親族21名が集合した写真をアップ。

親戚付き合いがうまくいってるのは一目瞭然ですね。

 

以上「親戚付き合いがうまそうな男性芸能人ランキング」でした。どの芸能人も思わず頷ずく面々でしたね。納得の結果ではなかったでしょうか。

 

【関連記事】

※ 3位木下優樹菜!よく叩かれてるけどいい母親だと思うママタレ1位は

2位渡辺謙&杏!「理想の父娘だと思う芸能人」1位の仲良し親子は

※ 2位紗栄子よりムカつく!最新版「イラッとするママタレ」1位は

※ 「もう女として見れない」は何位?出産に立ち会った夫の本音1位は

 

【参考】

※ 池上彰(2007)『伝える力』(PHP研究所)