美レンジャー

毎日見るから効果大!体重も美肌も…「手帳でキレイになる」方法4つ

みなさん、2017年の手帳は新しく買いましたか?

手帳をただスケジュール管理にだけ使っていたら、もったいないですよ。日々の記録をつけたり、日記のように書き込んだり、人それぞれにマルチな使い方ができるのが手帳。せっかくなら、キレイになるために手帳を活用してみませんか?

美容や健康への意識がとグーンっとUPする手帳術を4つご紹介しましょう。

 

■1:美容&健康にいいことをしたらシールを貼る

何気なく生活していると「今日は体にいいものを食べた」、「運動して体重が少しだけ落ちた」などと、自分を褒めたくなるときがあるはず。

そんなときはキュートなシールを用意しておき、手帳にそのシールを貼ってみましょう。

単純な発想のように感じるでしょうが、いいことをした日のシールが増えればポジティブな気持ちになっていき、ダイエットなどのモチベーションだって高まるはずです。

 

■2:美容グッズなど欲しいものリストをつくる

食事制限や運動など我慢が必要な事には、ご褒美が欲しくなるのが人間です。なので、前もって美容グッズや服など自分が欲しいと思うものをリスト化して、手帳に書いておくようにしましょう。

“体重が○kg減ったら、欲しいものを一つ買っていい”などと、自分でルールを決めることによって、モチベーションを維持することができるはず。

あらかじめ欲しいものリストをつくっておくことで、不必要な衝動買いを抑えることにもなり、お財布のダイエットにも繋がるかもしれませんよ!

 

■3:目標とする有名人の写真を貼る

ダイエットをするのなら、理想とするボディの持ち主の写真を手帳のよく目につくところに貼っておくのがおすすめ。自分の理想像が頭にインプットされ、目標実現に近づきやすくなります。

ダイエットに限らず「こんな美肌の人になりたい」、「こんな感じの女性になりたい」など、目標になる写真を手帳に貼っておきましょう。

 

■4:励みになる言葉をメモしておく

女性が美しくあるためには、メンタルコンディションもとても大事。悩みや心配事があったり、毎日に疲れていれば、肌だって荒れてしまいますし、やけ喰いに走ってしまうことだってあるかもしれません。

そんなときは、自分の心の支えとなるような言葉、家族や友達からかけてもらって嬉しかった言葉などを手帳にメモしておき、心が弱くなったときにそれを見返してみましょう。

 

手帳に肌の調子や生理周期など、日々の体重や食事内容などの記録を書き込むのはもちろんですが、ここで紹介した使い方を参考にすれば、もっと毎日の生活を美しく送ることができるはず! ぜひ取り入れてみてくださいね。