WooRis

受験シーズン突入!親が最も注意する「子どもの体調管理のポイント」1位は

新年が明けて「今年も頑張るぞ~!」と心新たに決意した方も多いのではないでしょうか。折しも、季節は子どもたちの受験シーズンに突入。親子ともどもこれからが正念場かもしれません!

しかし、冬から春にかけては風邪をひきやすい季節でもあります。せっかく頑張って勉強したのに、当日になって高熱で試験が受けられなかった、なんてことになったら悪夢!

そこで今回は、世の親たちがどうやって子どもの健康を守ろうと努力しているのか、個別指導の学習塾「明光義塾」が全国の小学校4年生~高校3年生の子どもを持つ保護者633名を対象に実施した「子どもの体調管理に関するアンケート」調査結果をご紹介しましょう!

 

■子どもの体調管理で最も気をつけているのは“食事・栄養”

まず、「お子さんの体調管理で一番気をつけていることを教えてください」と尋ねると、受験生の1位は「食事・栄養」(51.8%)、2位「睡眠」(20.0%)3位は「感染症・風邪予防」(12.7%)という結果に。8b8176dd82

感染症・風邪の予防は食事や栄養、睡眠に注意することで可能な場合も多そうです。

では、親たちは食事・栄養でどんな点に気を使っているのでしょうか? 「お子さんの体調管理を考え、食事面で行っていることを教えてください」と尋ねると、「バランスの良い献立」という答えが82.5%を占めました。

具体的には、

・「冬場などはインフルエンザ対策に、ヨーグルトやキノコ類などをいつもより取るように気をつけています」(女性保護者 お子さん:中学校2年生)

・「バランスよく栄養をとってほしいので、嫌いな野菜はすりおろしたり、細かく刻んだりしてお料理に使っています」(女性保護者 お子さん:中学校2年生)

・「冷たい飲み物ばかりをあげない。納豆、豆腐、魚、みそ汁を1日の献立に登場させる」(女性保護者 お子さん:小学校4年生)

と、皆さん子どもの栄養管理にはなかなか細かいところまで気を使っているようです!

 

■子どもに食べさせたい! 風邪・インフル予防に効果的な食品6つ

では、風邪やインフルエンザ対策としてはどのような食品を子どもに食べさせればいいのでしょうか? 『WooRis』の過去記事「えっ…赤ワインも効くの!? “風邪とインフル予防”に効果的な食品6つ」、「春でも油断大敵!インフルエンザや風邪予防に取り入れたい食材6つ」を参考に、まとめてご紹介しましょう!

(1)キノコ類

上記でキノコを風邪予防に利用すると答えた母親がいますが、キノコは感染症予防に効果的な栄養素 “ベータグルカン”が多量に含まれています。味噌汁や鍋物、スープ、炒め物などさまざまな調理法でなめこ、舞茸、しめじ、椎茸などのキノコを摂取してみてください。

(2)緑茶

飲むとほっとする熱いお茶には、風邪やインフル予防にも効果的な抗酸化物質“カテキン”が多く含まれているそうです。

(3)ヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、抵抗力を高めて風邪などのウイルスを抑制します。

(4)ハチミツ

ハチミツには殺菌効果があるそうで、風邪やインフルエンザを予防したいときに最適。また喉を保護する効果もあるそうです。

(5)ニンニク

ニンニクは殺菌効果や免疫機能強化の効果など、数々の健康効果があるといわれます。ニンニクとプラシーボ(偽薬)を使って行った実験によると、ニンニクを食べたグループは風邪に罹った人が24人だったのに対し、プラシーボのグループは65人に上ったそうです!

(6)ショウガ

ショウガに含まれる“セスキテルペン”は、風邪のウイルスや咳を抑制する効果がある物質だそうです。

 

いかがでしょうか。

風邪・インフルエンザ予防に効果がある食品は、どれも栄養分が高く健康にいいものばかり。受験生だけでなく、家族全員が健康でいられるよう、これらの食材を使って、感染症が流行する時期を乗り切ってください!

(ライター 相馬佳)