Woman.excite

夕方が危ない! このヘア&メイクが”お疲れママ”に見せていた!?

どんなに忙しいとはいえ、ママだってキレイでいたいもの。「お疲れママ」に見えないために、まずは「きちんと感」を意識することが重要です。今回は、忙しいママがキレイでいるためのポイントをご紹介します!

© BillionPhotos.com – Fotolia.com

■夕方のお疲れママに要注意!
限られた時間で生活臭を出さないためには「シンプル&清潔」が鉄則。それだけできちんと感がぐっと増します。

●ネイル
ネイルをすてきなデザインにしても、オフ(落とす)できずに放置するぐらいなら、自爪を短くしてツヤを出すだけの方がきちんと見えます。

●メイク、ヘアアレンジ
凝ったメイクやヘアアレンジをしても、崩れてしまえばかえってお疲れ度がアップしてしまいます。なるべくシンプルを心がけ、清潔さを保ちやすくしましょう。

とくに夕方はご近所さんとの遭遇率も高まる時間帯。意識的に鏡を見てリセットする機会を作りましょう。

「髪」が印象を決める!
あるイメージコンサルタントによると、「人の印象は7割髪形で決まる」そうです。どんなにメイクをがんばっても、髪が決まらないと魅力はだいなし。逆に髪がきっちり見えれば、メイクが何割か増して見えるということ。

お出かけの際は、細かいメイクより髪を優先する習慣をつけてはいかがでしょうか? 時間がないからと無造作にひとつ結びするのはNG。冬場はニット帽を用意しておけば、どうしても時間がないときに便利です。ぜひかわいらしく、ステキに見えるかぶり方を鏡で確認しておきましょう。

■お疲れ度がハネ上がる「毛玉」
ニットのセーターやカーディガン。そこにひとつでも毛玉があると、お疲れ度が一気にハネ上がります。

毛玉は市販の電動クリーナーを使えばおもしろいほどキレイに取れるので、曜日を決めるなどしてしっかり取り除きましょう。最近の毛玉クリーナーはとても優秀なので、お持ちでない方は導入をオススメします!

子育てに忙殺されると、ついつい外見も乱れがち。生活や心が荒れると、見ためにもしっかり表れてしまい、「お疲れママ」に見えてしまいます。ちょっとしたポイントを押さえて、キレイなママでいてくださいね!
(SARA)