Itmama

この時だけは真剣に!「必ず叱るべき子どもの行動」10パターン

source:https://www.shutterstock.com/

近頃では、子どもは「褒めて育てるもの」という風潮があります。

中には「褒めて育てる=叱るのは悪」と捉え、叱ることに罪悪感を感じるママもいるようです。

果たして、本当に叱るのは悪い事なのでしょうか?

そこで今回は、褒めること、叱ることの利点とともに、叱ることが必要な状況を考えていきます。


[nextpage title=”叱ることは必要?”]

褒める=子どもの自信になる

source:https://www.shutterstock.com/

物事を達成したとき、何かに打ち込んで頑張ったとき、無性に誰かに言いたくなることはありませんか?

この感情は子どもも同じです。達成して出来上がったモノを褒めて欲しい、頑張った過程を認めてほしいという気持ちが生まれます。

成し遂げたことや頑張った過程を褒め認めてあげると、子どもはメキメキと自信がつきます。

たとえ何かに失敗してもまた頑張れば大丈夫という、めげない力がつくようになります。

叱ることは必要?

幼い子はいたずらをしたり、加減のない取っ組み合いをするのが当たり前です。

物事の良し悪しがわからず、力加減も上手にできる年齢ではないためです。

ただし、このまま善悪や加減を教えずに放置された場合、たとえば友達と喧嘩したとき、失敗したときに自分1人で立ち直ることができなくなる可能性があります。

叱ることは、怒鳴ったり暴力を使うことではありません。世の中は自分の思い通りにならないことを理解し忍耐させ打ち勝つ力を養うために、必要なことなのです。

 

[nextpage title=”叱るべき状況10パターン”]

叱るべき「子どもの行動」10パターン

source:https://www.shutterstock.com/

基本的に、危険なことは叱り、繰り返さないように伝えるのがポイントです。

子どものよくある行動で叱るべき状況は以下のとおりです。

(1)物を投げた時

(2)人をたたいた時

(3)危険な場所に近づいた時

(4)道路に飛び出しそうになった時

(5)危険なものを触ろうとした時

(6)友達に危害を加えた時

(7)飲み込む危険があるものを口に入れた時

(8)迷いやすい場所に1人で行こうとした時

(9)大人の側を何も言わずに離れようとした時

(10)友達の失敗を笑ったり、悪く言ったりした時

叱るべき項目は、危険を伴うこと、他人に迷惑をかける行動で、正していく必要があります。

子どもが先に起こることを予想できるような説明や約束をして、子ども自身が「ママこんなこと言ってたな、これはダメって言ってたな」と意識ができるように促すことが重要です。

守った、実行できたときは「当たり前」と思わずに、しっかり認めてあげましょう。そうすると、子どもは「これで良かったんだ!」と自分の行動に自信が持て、次の行動に繋がるようになります。

 

叱ることは、決して大声で怒鳴って聞かせることではありません。

真剣な表情で、静かに言い聞かせるほうが、子どもの印象に残ったり心に留まったりすることもあります。

子どもが注意を真剣に受け止めていないようであれば、低く太く大きな声で叱ることも必要です。

小さい子どもがすることは悪気がなく、注意してもすぐに忘れてしまうことも多々あります。

物事の良し悪しを根気強く繰り返し伝える習慣を、よくできた時は認める優しさを、忘れないようにしたいものですね。

 

【画像】

※ Selins, Yuganov Konstantin, Alexandru Marian / shutterstock