WooRis

もう立てた?2位貯蓄に励む…主婦の「2017年の抱負」1位はやっぱりアレ

新年が明けてしばらく経ちましたが、「さあ、今年も頑張るぞ~!」とやる気に満ち溢れている方も多いのではないでしょうか?

さて、新年に多くの人がすることといえば、“1年の抱負”を考えること。去年できなかったこと、今年はぜひやってみたいこと、いろいろあるでしょうが、あなたはもう抱負を立てましたか?

今回は、『WooRis』が既婚女性500人に対し実施した「2017年の抱負」に関するアンケート調査から、皆の2017年の抱負を検証してみましょう!

 

■2017年の抱負1位は“ダイエットをして痩せる”

アンケート調査では、数々の項目の中から、「以下のうち、あなたの”2017年の抱負”に最も当てはまるものを一つ選んでください」と尋ねました。その結果、既婚女性の新年の抱負は次のようなものと判明しました!

1位・・・ダイエットをして痩せる(89人)

2位・・・貯蓄に励む(77人)

3位・・・旅行に行く(32人)

4位・・・世帯の収入を増やす(27人)

5位・・・仕事を始める(21人)

1位はやはり、「ダイエットをして痩せる」。特に、年末年始に暴飲暴食をしてしまった後はダイエットの決意を新たにする人も多いでしょう。

2位は「貯蓄に励む」。これも、年末年始の様々なイベントでお金を使いすぎて、新年なのに「懐が寂しい!」という場合や、昨年1年間、お金に困った状況があった場合、「今年こそ!」と思うことがあるかもしれません。

3位は「旅行に行く」。「去年は一生懸命働いたから、今年はもっとレジャーを楽しみたい!」と願う人も多いかもしれません。旅行に行くためには、2位の貯蓄も大切になってきます!

4位は「世帯の収入を増やす」、5位は「仕事を始める」でした。

 

■新年の抱負を達成しやすくするコツ4つ

fotolia_77976616-1

さて、ランキングには入れませんでしたが、アンケートで一番多かった回答は、実は127人が選択した「“2017年の抱負”は特にない」という回答でした。

しかし、「新年の抱負は特にないけど……」という人でも、「これをやりたい、こうしたい」という希望はあるでしょう。そのような希望を書き出して、それに向かって努力することにこそ意義があるのです。

さて、新年の抱負を立てる際に大事なのは“それを実際に実現する努力をすること”。そこで今回は、姉妹サイト『BizLady』の記事を参考に、抱負を実現しやすくするためのコツをご紹介します!

(1)実際に達成可能な抱負を立てる

年収500万円の人が「今年は年収1千万円を達成したい」と思っても、実際に達成可能かどうかは疑わしいところ。それなら、「今の年収から10%の昇給を達成する」、「月に5万円の副収入を得る」など、きちんと努力すれば十分達成可能な目標を立ててみましょう。

(2)紙に抱負を書いて目に付く場所に貼る

せっかく新年の抱負を立てても、考えているだけではそのうち忘れてしまうのがオチ。それを紙に書いたり、パソコンで打ってプリントアウトして、冷蔵庫など目に付く場所に貼っておけば「そうだった、頑張らなきゃ!」と、それを見るたびに決意を新たにすることが可能です。

(3)漠然とした抱負を立てない

「今年は頑張って痩せたい」と漠然と思っていても、あまりモチベーションになりそうもありません。「ダイエットをしたい」と思っているなら、その方法と目標体重、期限などを明記しておきましょう。

また「貯金をしたい」という場合は毎月の目標額を、「旅行をしたい」という場合はどこに行きたいかを書いて、目標をはっきりさせるとより実現しやすくなるようです。

(4)他の人に抱負を教える

せっかく立派な新年の抱負を立てたのに、「人に知られたら恥ずかしい」などとコソコソしていると、人前ではその努力を見せられずに実現しにくくなってしまいそうです。

「5キロ痩せる」と誓ったなら、周囲の家族や友人にあらかじめ宣言しておけば、「今年は●●するって言ったでしょ」と、誘惑に打ち勝つこともよりカンタンになるかもしれません。

また人に言うことで「絶対実現しなきゃ」と良い意味でプレッシャーがかかり、「有言実行しなきゃ!」と、実現に向けての行動を起こすモチベーションになります。

 

以上、新年の抱負についてのアンケート調査と、抱負を実現しやすくする秘訣についてご紹介しました。

まずは1つでも2つでもいいので、自分なりの目標を立てて紙に記してみてはいかがでしょうか?

(ライター 相馬佳)