Menjoy!

家でグダグダしてる彼を「瞬く間に家事メンにする」3ステップ

今や「家事は女がするもんだろ!」なんて言おうものなら、白い目で見られて総スカンを喰らうほど、家事の在り方が変わってきていますよね。実際、家事を積極的にしてくれる旦那というのは、結婚生活だけでなく妊娠・出産時にも非常に頼りになる存在になります。そこで今回は、“彼を家事メンにする方法”をご紹介しましょう!

ステップ1:家事メン育成は最初が肝心

家事メン育成は、スタートダッシュが大切です。

付き合った当初……とくに同棲や結婚して同じ家に住むようになってすぐの内から積極的に彼に家事をお願いすることで、男性は「家事は一緒に行うものだ」と脳にインプットします。

最初の頃に、「彼に女子力アピールしなきゃ!」と頑張って家事を全てこなしてしまうと、男性はむしろ「自分がしなくても大丈夫なんだ」「家事は彼女がやるもの」と思い、家事に参加してくれなくなるわけです。

なので早い内に褒めて育てる

男性は基本、“子供のようなもの”と思って家事メンへ育てていきましょう。

子供には、ただガミガミ怒ったり口うるさく言ったりするだけではダメですよね。むしろ褒めてあげることで、嬉しそうに物事に取り組むようになります。

つまり、男性も同じです。

「あれやって!」「これしといて!」と押し付けるように言うのではなく、「あなたがお風呂掃除してくれると本当にピカピカ!」「あなたは洗濯の天才ね」とオーバーなくらい褒めてあげましょう。

みるみるモチベーションが上がり、何も言わなくても手伝ってくれるようになりますよ。

 

ステップ2:面倒がらずに具体的に指導する

男性に家事をお願いする時は、できるだけ具体的に指導するようにしましょう。

「洗濯してね」と言われても洗濯機を回すだけでいいのか、干すところまでするのか、普段家事をしている側ではない男性からするとわからないのです。

この「どこまでやれば良いのか」「どれぐらいすれば満点なのか」がわからないままでいると、男性は途端にお手伝いを面倒に感じてしまうのです。

なので家事をお願いする時は、具体的に「洗剤はこの棚にあるから、この柔軟剤も一緒に入れて、洗濯機を回してもらっていい?」とお願いするようにしましょう。

こうすることで自分のすべきことと、この家の家事ルールが明確にわかり、男性も動きやすくなるんですよ。

 

20170110ikuho743

ステップ3:最初から細かい指示を出さない

かといって、最初から細かく指示を出しすぎないように注意してください。

細かく指示を出しすぎると、今度はやり遂げることが難しくなるだけでなく、失敗するリスクが上がり、それを女性側が責めてしまい……と家事から男性が離れやすくなる負のスパイラルが始まってしまいます。

まずは、簡単にできる仕事から頼み、褒めながら徐々に仕事量を増やしていきましょう。

小さな成功を積ませていく

男性を家事メンに育てるためには、小さな成功を積ませることがとにかく大切です。

お米を炊飯器にセットする、食卓を拭くなど、まずは誰でもできることをお願いして、達成する度に「ありがとう! 本当に助かる」「こんなに優しい夫をもって私はすごく幸せ」と感謝を示します。

すると気をよくした男性は「もっと喜ばせたい」と感じるようになって、どんどん他の家事をするようになるのです。

また、“成功を積ませる”ということは自信を持たせるということにも繋がるので、彼を家事メンへと進化させるのに重要なポイントとなります。

 

彼や夫を“家事メン”にするには、小さなことからお願いして、そして褒めちぎるということを繰り返しましょう。

人間には自分の能力を肯定してもらいたいという欲求がありますので、その欲求を満たしてあげるのです。

すると、「もっと褒められたい」「この人のために力を発揮したい」と思うようになり、自ら家事に取り組むようになるんですよ。

 

 

【参考】

※ ウチの旦那もコレで動いた…!「オトコに家事をしてもらうコツ」3つ – Menjoy!

※ 豚もおだてりゃ木に登る!? 「ダンナに家事をさせる」3つの方法 – Menjoy!