美レンジャー

4つの三角ゾーンがキモ!簡単に「小顔な立体フェイス」を叶える方法

雑誌やテレビを見て、海外セレブのくっきりとした“立体顔”に憧れる女性も多いのでは?

「でも、私の顔は平面的だし」、「目が小さいから、メイクではどう頑張ってもムリ」とあきらめるのは、まだ早い!

今回は美容ライターとして活動する筆者が、顔に隠れる三角ゾーンに一工夫加えるだけで、“メリハリのある立体的なハーフ顔”を手に入れるメイクテクを4つご紹介します。

 

■1:頬の三角ゾーン

ベースメイクを仕上げたら、頬にハイライトを入れましょう。目の下から塗り始め、ほうれい線にかかるくらいの大きさで逆三角形をつくります。ギラギラにラメが入っているものだと不自然になるため、肌に合ったナチュラルカラーのハイライトを選ぶといいですよ。

頬の中心を高く見せることでメリハリができるうえ、くすみがちな肌も明るく見せることができます。

 

■2:目の横の三角ゾーン

顔に凹凸を出すには、鼻はなるべく高く見せたいですよね。しかし、ノーズシャドウをガッツリ入れてしまうと不自然になりやすく、なかなか難しいです。

そんなときは、目頭の三角ゾーンにノーズシャドウを入れましょう。アイシャドウを入れる感覚で、まぶたの骨のくぼんでいる部分を濃くしていきます。

鼻筋全体に入れてしまうと舞台メイクのように見えやすいですが、この方法なら簡単で自然に鼻を高く見せることができますよ(下の画像の茶色い三角を参考)。

 

■3:眉下の三角ゾーン

眉の骨に凹凸があると立体感のある目元の印象になります。アイメイクを仕上げたら、最後にハイライトを眉尻下の三角ゾーンに入れましょう(上画像の水色三角を参照)。

眉の下に明るい色を入れることで骨格にメリハリが出ます。指で塗るとぼかしやすくて、アイシャドウとの差も出にくくナチュラルに仕上がるのでおすすめです。

 

■4:唇下の三角ゾーン

のっぺりとした平面的な顔に見せないためには、唇にも高さを出しましょう。パウダータイプのアイブロウやシャドウを下唇の中心にぼかします。唇の下に影をつくることで、ぽってりと立体的な唇に見えます(上画像を参照)。

この部分は思ったよりも濃く入れてOK。笑ったときに不自然にならないよう、調節してみてください。

 

今回ご紹介した4つの三角ゾーンを極めれば、いつものメイクが立体的なハーフ顔に早変わり。顔の細かい部分に陰影をつけることで、のっぺりとした平面的な印象もなくなり、小顔効果も期待できますよ。